中国公船の尖閣航行が常態化—米メディア

6月26日(火)10時20分 Record China

25日、米華字ニュースサイト多維新聞は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域における中国海警局の船の航行について「すでに常態化している」と伝えた。写真は海警2501。

写真を拡大

2018年6月25日、米華字ニュースサイト多維新聞は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域における中国海警局の船の航行について「すでに常態化している」と伝えた。

中国海洋局の公式サイトによると、尖閣諸島の接続水域で25日、中国海警局の船4隻が航行しているのが確認された。年明けから12度目。日本政府が12年、尖閣諸島の「国有化」を宣言して以降、中国海警局の船が周辺水域を航行する事態が常態化している。

中国海警局は今年3月、組織改革の一環で、武警部隊の管轄下に置かれることになった。日本メディアによると、これにより軍の最高軍事決定機関である中央軍事委員会の指揮下に入ることになる。日本の海上保安庁は今後、軍の一部として明確に位置づけられた海警局の船舶と対峙しなければならなくなる。中央軍事委員会の指揮下に入ったことで、海警局は尖閣諸島周辺での活動をさらに活発化させる見通しだ。(翻訳・編集/大宮)

Record China

「尖閣」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「尖閣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ