スパコン「TOP500」、米国が中国抜いて首位に返り咲き—中国メディア

6月27日(水)6時10分 Record China

スパコン性能ランキング「TOP500」の最新版が、25日に公開された。米国の「Summit」が中国の「神威・太湖之光」を抜きトップになり、米国のスパコンが久しぶりに首位を奪還した。写真は神威・太湖之光。

写真を拡大

スパコン性能ランキング「TOP500」の最新版が、25日に公開された。米国の「Summit」が中国の「神威・太湖之光」を抜きトップになり、米国のスパコンが久しぶりに首位を奪還した。しかしランキング入りしたスパコンの数を見ると、中国が依然として世界最多となっている。新華社が伝えた。

TOP500は半年毎に発表されている。最新版によると、米エネルギー省のオークリッジ国立研究所に設置されたスパコン「Summit」の計算性能は毎秒122.3ペタフロップスに達し、ピーク値は毎秒188.7ペタフロップス弱に達する。同研究所はこれまで、ピーク値は毎秒200ペタフロップスに達すると発表していた。

4連覇を果たしていた神威・太湖之光は今回2位で、計算性能は毎秒93ペタフロップスを維持。3位は米エネルギー省のローレンスリバモア国立研究所に設置された「Sierra」、4位は中国の「天河2号」、5位は日本の「Bridging Cloud Infrastructure(ABCI)」。

ランクインした数を見ると、中国のスパコンが増加を続け、昨年11月の202台から206台に増加した。米国は144台から124台に減少。研究開発メーカーを見ると、中国のレノボが119台で圧倒的な地位を占め、全体の23.8%に達した。米IBMは今回トップのSummitに技術を提供している。

スパコンが使用するプロセッサを見ると、米インテルが依然として主流となっている。500台のうち476台がインテルのチップを使い、全体の95.2%を占め前回のランキングよりやや上昇した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ