レクサスは米国車で現代自は日本車!?米国人の認識に韓国ネットも驚き「克服すべき課題だ」

6月30日(水)8時20分 Record China

28日、韓国メディア・TheDriveは「世界市場における現代自動車のブランド価値が高まっているが、米国の消費者の多くがいまだに現代自動車が韓国車であることを知らない」と伝えた。資料写真。

写真を拡大

2021年6月28日、韓国メディア・TheDriveは「世界市場における現代自動車のブランド価値が高まっているが、米国の消費者の多くがいまだに現代自動車が韓国車であることを知らず、日本車もしくは中国車と考えている」と伝えた。

記事によると、米経済誌フォーブスに23日(現地時間)、「今年最も米国的な自動車」と題する寄稿文が掲載された。寄稿者は「最近は新型コロナウイルスの大流行により、消費者が現地でつくられた製品を好む傾向がある」とし、「自動車業界も例外でない」と指摘。カーズドットコムの調査を引用し、「新車購入者の72%が自動車購入時に生産国を意識し、そのうち29%は外国で製造された車を購入することが『愛国的でない』と考えている」と説明した。

その上で、寄稿者は「米国の消費者の29%は現代自動車を韓国ブランドと認識しているが、それより多い37%の消費者が日本ブランド、もしくは中国ブランドだと考えている」との調査結果も紹介したという。これについて記事は「多様なグローバルモデルを保有する日本車と混同されるのはまだしも、米国市場で人気のモデルがほとんどない中国車とされるのは、現代自動車としてはプライドの傷つくことだ」と指摘している。

日本車については米国ブランドやドイツブランドと考える消費者が多く、寄稿者は「レクサスの場合は回答者の26%が米国車かドイツ車と考えている」との統計結果も掲載しているという。

また、寄稿者は「最も米国的な自動車」を選定するため、米国製の部品が最も多く使われている自動車を調査。1位はカリフォルニアで製造されているテスラのモデル3。2位はフォード・マスタング、3位はテスラのモデルYとなったという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「意外にも米国には無知な人が多いね」「米国人がレクサスを米国ブランドと考えていただなんて、衝撃!」と驚く声が上がっている。

また、「日本車だと思って現代自動車を買ったけど、あまりに故障が多いから中国車だと考えたのでは?」と予想する声や、「現代自動車の情けない現状を表している」「現代自動車が『メイド・イン・コリア』を積極的にアピールしないせいでは?」「これは現代自動車がこれから克服しなければならない課題だ」などと警鐘を鳴らす声も。

一方で「韓国人だってボルボやレンジローバーがどこの国の車か分からない」「まだかわいいもの。私はノキアが日本のものかと思っていた」などと指摘する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ