ワン・イーボーの車にファンが追跡装置、事務所が声明発表

7月16日(金)11時20分 Record China

15日、観察者網は、中国の人気男性タレント王一博(ワン・イーボー)の所属事務所が「車内に測位追跡装置が取り付けられていた」する声明を発表したと報じた。

写真を拡大

中国の人気男性タレント、ワン・イーボー(王一博)の所属事務所が「車内に測位追跡装置が取り付けられていた」する声明を発表した。15日、観察者網が伝えた。

記事によると、ワン・イーボーの所属事務所が15日、ファンがワン・イーボーの自動車内に測位装置を設置したとして警察に通報したことを明らかにするとともに、芸能人の住所データや位置情報といった個人情報を転売する行為を非難し、ファンにこれらの情報を購入しないよう呼びかける声明を発表した。

ワン・イーボーは2014年に中韓混成のアイドルグループUNIQのメンバーとしてデビューし、18年にドラマ「陳情令」で大ブレーク。その後さまざまな商品のイメージキャラクターを務めるとともに、多くの映画やドラマに出演している。一方で、ファンによる行き過ぎた行動にも悩まされており、追跡やのぞき、盗撮、ホテルなどでの待ち伏せ、自動車での尾行といったストーキング行為の被害をしばしば告白してきた。

19年には微博(ウェイボー)上で「私の携帯電話番号を使ってアプリの登録をしたり、私の番号を買ったりしないでほしい。私の生活に重大な影響を及ぼしている。お金の無駄遣いは止めて、理性的に私を愛してほしい」とコメントしていた。

昨年5月にもワン・イーボーの所属事務所が「車内から測位装置を発見した」との声明を発表し、その数日後に本人が微博で「見知らぬ人にホテルの部屋をノックされ、車には追跡装置を取り付けられ、どこにいても休むことなく付きまとってくる。もうたくさんだ」とつぶやいている。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「追跡」をもっと詳しく

「追跡」のニュース

「追跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ