日本の処方薬を中国人に転売、中国人ブローカーが暗躍—中国メディア

7月17日(火)15時50分 Record China

日本製の医薬品を不正に転売する中国人が絶えず、中国総領事館が注意を喚起している。資料写真。

写真を拡大

2018年7月17日、中国メディア・騰訊(テンセント)によると、日本製の医薬品を不正に転売する中国人が絶えず、中国総領事館が注意を喚起している。ある転売者は数倍の値段で中国人観光客や中国国内の中国人に転売していた。

中国では「日本製の医薬品は効果が高い」と評判で、不正に処方してもらった医薬品を中国で転売する事例は少なくない。しかし、こうした不正な医薬品の売買は、売る側だけでなく、買う側もリスクは大きい。

大阪府警は先日、医師の処方が必要な医薬品の不正販売に関係した中国人8人と日本人1人を逮捕した。事務所には糖尿病や高血圧などの処方薬が大量に保管されていたという。

日本では医薬品を許可なく保管、販売すると懲役や罰金が科せられる。不正に処方された医薬品を購入する側にも、副作用をまったく知らないまま服用してしまうなどのリスクがあり、病状の悪化を招くばかりか、状況によっては死に至る危険さえある。

大阪の中国総領事館は、日本では医薬品の取り扱いは厳しく管理されており、違法な取引は売買双方とも罰せられることになるとし、たとえ中国人であっても処罰されると指摘。日本の法律・法規を順守するように注意を促している。(翻訳・編集/岡田)

Record China

「薬品」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「薬品」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ