W杯のフェアプレー賞は日本が受賞すべきだった?中国ネットの反応は…

7月18日(水)11時10分 Record China

15日に閉幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のフェアプレー賞をめぐって「SNS上で議論が起きている」と報じられているが、中国のネットユーザーはこの問題をどのように見ているのか。

写真を拡大

15日に閉幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のフェアプレー賞をめぐって「SNS上で議論が起きている」と報じられているが、中国のネットユーザーはこの問題をどのように見ているのか。

今大会のフェアプレー賞はスペイン代表に送られた。これについて、日本のスポーツメディアは「SNS上で“日本推し”の議論が起きている」とし、ネットユーザーから、激しいプレーを見せるスペインのDFセルヒオ・ラモスを引き合いに、「日本がこの賞に値する」という声が出ていると紹介している。

では、今大会で導入された「フェアプレーポイント」の基準となるイエロー(レッド)カードの枚数で比較するとどうか。両国は今大会で共にベスト16で敗退したため、計4試合を戦っており、日本はイエローカード5枚、スペインは同2枚だった。なお、総ファウル数でも日本が37回なのに対して、スペインは34回となっている。

スペインの受賞に対して、中国のネット上では「ボールがずっと彼らの足下にあるんだから、ファウルを犯す機会自体が少ない」と指摘する声が多くの支持を集めた。これは、スペインがボール保持率を高めながらチャンスを生み出していくスタイルであることを指している。また、少数だが「日本にあげるべき」という声や、日本のサポーターがスタンドの清掃をしたことについて「ベストサポーター賞を日本に」という声が見られた。

一方で、実際には存在しない「アンフェアプレー賞」として韓国を推す声も目立った。実際、韓国は今大会のGLで出場国中最多の63回のファウルを犯し、2番目に多い10枚のイエローカードを受けた。

この他、「レッドカード0枚、イエローカード0枚、ファウル数0回、ロッカールームのごみゼロの中国がなぜ受賞できない?」と、W杯に出場できない自国を皮肉るようなジョークを残すユーザーも見られた。(翻訳・編集/北田)

Record China

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ