床が犬の糞まみれに “ルンバ”の勤勉さが招いた悲劇(米)

7月21日(日)5時25分 Techinsight

糞まみれの原因になってしまった飼い犬(画像は『Ryan Landy 2019年7月15日付Facebook「Due to popular demand, here’s the shitter!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

テクノロジーの発達により電化製品が生活の利便性を向上させている昨今、アメリカでロボット掃除機・ルンバが、自動で掃除をしてくれる賢さが裏目に出てしまい部屋中を犬の糞まみれにしてしまった。『Mirror』などが伝えている。

米フロリダ州在住のライアン・ランディさん(Ryan Landy、23)が今月14日、ルンバがしでかした悲劇の写真をSNSに投稿して話題になっている。その写真は、ルンバの裏側にびっしりと犬の糞が付着していた。

さらにもう1枚には、洗面所の床に犬の糞がまんべんなく塗られているかのような光景が捉えられている。掃除に勤勉なルンバが、執拗に糞のある箇所を何度も行き来したかのようだ。

この状況を、ライアンさんはSNSに「僕の新しいルンバが犬のうんちを通過してから他の場所も掃除し始めました。僕、カウンセリングが必要かも」と冗談を交えて記していた。そして翌日には、洗面所に糞をしてしまった愛犬“アポロ”の写真も投稿した。

アポロはライアンさんが少し前に保護して家族に迎え入れた犬のようで、まだトイレの訓練ができていなかったという。しかも普段は、ルンバが掃除中の部屋はドアを閉めていたそうだ。

しかしライアンさんは他にもペットを飼っており、何匹かはドアを開けることができるため、おそらくルンバが掃除中の部屋に他のペットがドアを開け、そこからアポロが洗面所に侵入して用を足したものとみられている。

ちなみにこういった悲劇に遭った人は少なくないようで、ライアンさんが投稿したSNSには「私の彼も同じ目にあったわ、数週間ニオイが取れなかったみたい」「うちも何年か前に同じことがあった。玄関を開けた時に私を迎えたあのニオイは忘れられません」というコメントも見受けられた。

実際にルンバの取り扱い説明書では、使用前の注意事項として「ペットなどの排泄物→片づけてください」と記載されている。ルンバを製造しているiRobot社の広報担当者は同様の問題が起きていることを認識しており、現在は解決策を模索しているとのことだ。

画像は『Ryan Landy 2019年7月15日付Facebook「Due to popular demand, here’s the shitter!」、2019年7月14日付Facebook「My new Roomba ran over my dog’s shit and proceeded to “clean” the rest of my house.」』のスクリーンショット

Techinsight

「ルンバ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ルンバ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ