感染怖い?中国選手、表彰台で外したマスク「瞬速」で着ける—中国メディア

7月26日(月)14時20分 Record China

25日、観察者網は、東京五輪の表彰式で中国人選手の新型コロナ感染予防意識の高さが垣間見える一幕があったと報じた。

写真を拡大

2021年7月25日、観察者網は、東京五輪の表彰式で中国人選手の新型コロナ感染予防意識の高さが垣間見える一幕があったと報じた。

記事は、25日に東京五輪ウエイトリフティング男子61キロ級で金メダルを獲得した李発彬(リー・ファービン)が表彰式で見せた行動を紹介。銀メダル、銅メダルを獲得した選手と共に表彰台上に立った李は、記念撮影のために他の2選手がマスクを外す中で唯一人マスクを鼻まで装着し続け、隣の選手から促されてようやくマスクを外したと伝えた。

そして、マスクを外してからわずか数秒後、両隣の選手がまだ撮影に応じている中で李は素早くマスクを装着し、鼻までしっかりと隠したと紹介している。

この光景に中国のネットユーザーからは「李はマスクを外している間、息を止めているように見えた」「本業での実力はもちろんのこと、感染予防意識もとても高いんだな」「写真撮れたね、もうマスク着けるよ、ってな感じ」「マスク装着の速度で、彼にかなう相手はいない」などの称賛コメントが続々と寄せられたと伝えた。

記事は、東京五輪の公式規定では、表彰式の全過程において選手、メダルのプレゼンター、ボランティアはマスクの着用が義務付けられているとする一方で、ロイターの報道として25日に「表彰台では記念撮影のために最大30秒間マスクを外すことができる」とのルール変更があったと紹介している。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ