香港で村上春樹氏の「騎士団長殺し」が「わいせつ図書」認定、市民団体が抗議—独メディア

7月29日(日)15時40分 Record China

独国際ラジオ放送ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは26日、香港で村上春樹氏の小説「騎士団長殺し」が「わいせつ図書」に認定されたことに対し、香港の市民団体が抗議の声を上げたと報じた。

写真を拡大

2018年7月27日、中国メディアの参考消息網によると、独国際ラジオ放送ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは26日、香港で村上春樹氏の小説「騎士団長殺し」が「わいせつ図書」に認定されたことに対し、香港の市民団体が抗議の声を上げたと報じた。

2017年に発表された「騎士団長殺し」は、「作品中にわいせつな描写がある」として、18歳未満への販売が禁止された。この決定を受け、書店では、本を密封した上で「未成年への販売や貸し出しはできない」とする警告シールを貼った状態で店頭に並べていた。

これに対し、21の市民団体が反発し、撤回を求め署名活動を開始。「香港に恥をかかせた」とする非難の声に、26日時点で2100人が署名したという。

「騎士団長殺し」が「わいせつ図書」に認定されたのは、7月上旬に香港の映画出版物管理当局に「村上さんの作品に露骨な性的描写がある」との苦情が寄せられたことがきっかけだ。7月24日に閉幕した香港ブックフェアでは、開幕翌日に中国語版の本が撤去された。

記事は「この村上さんの新作には確かに性的な描写がいくつかある。だが過去の作品と比べて際立っているわけではない」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)

Record China

「抗議」をもっと詳しく

「抗議」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ