“中台関係”で荒れた台湾版アカデミー賞、巨匠チャン・イーモウ監督の注目作は不参加

8月1日(木)20時20分 Record China

31日、今年の台湾版アカデミー賞・金馬奨に、チャン・イーモウ監督の最新作「一秒鐘」(One Second)が出品されないことが明らかに。昨年は政治問題で大荒れの様相を呈した金馬奨だが、今年は中国からの出品作にどのような動きがあるのか注目されている。

写真を拡大

2019年7月31日、今年の台湾版アカデミー賞・金馬奨に、中国の巨匠、チャン・イーモウ(張芸謀)監督の最新作「一秒鐘」(One Second)が出品されないことが明らかになった。昨年は政治問題で大荒れの様相を呈した金馬奨だが、今年は中国からの出品作にどのような動きがあるのか注目されている。

31日、今年11月に授賞式を予定している第56回金馬奨が出品作の募集を締め切り、計685作品の応募があったことを明らかにした。今後この中から選考が行われ、10月1日に各部門のノミネート作品が発表される運びとなる。

チャン・イーモウ監督の最新作「一秒鐘」は今年2月のベルリン国際映画祭で、最高賞「金熊賞」を競うコンペティション部門への参加が決まっていたが、「技術的な問題」を理由に出品が取り下げられ、大きな話題となった。同作は文化大革命を背景にしており、このため中国当局の検閲をパスできなかったのではとの見方もされている。昨年の金馬奨では、「SHADOW/影武者」で主要4部門を制したチャン監督だが、今年の出品作リストには名前がないことから、思いがけない不参加が明るみになった。

昨年、金馬奨の授賞式で女性監督フー・ユー(傅楡)が、台湾について「独立した国と見なされてほしい」と発言したことで政治色が浮き彫りに。中国映画のアフターパーティーが急きょ中止されるなど、大荒れの状態となった。

「一秒鐘」の不参加は、昨年のトラブルを念頭に置いての決定ではないかとの憶測も飛び交っているものの、応募作品リストを見ると、今年のベルリン国際映画祭で最優秀男優賞と女優賞を獲得した「So Long、My Son」(地久天長)など複数の中国映画が名を連ねている。台湾メディアでは、ノミネートリストが発表される10月に、中国映画をめぐって再び波乱があるのではないかと報じている。(Mathilda)

Record China

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ