<卓球>伊藤美誠に勝利した孫穎莎、東京五輪選手村に入ってした「最初の質問」が話題に

8月2日(月)19時50分 Record China

東京五輪に出場中の中国の卓球選手、孫穎莎が選手村に入って最初にした質問が話題になっている。写真は孫穎莎。

写真を拡大

東京五輪に出場中の中国の卓球選手、孫穎莎(スン・インシャー)が選手村に入って最初にした質問が話題になっている。

中国卓球協会会長の劉国梁(リウ・グオリアン)氏によると、孫の選手村に到着して最初の質問は「食べるものありますか?」だったといい、チームキャプテンを務める馬龍(マー・ロン)が24時間いつでも食べられることを伝えると孫は喜んでいたという。

20歳のかわいらしい素顔に、中国のネットユーザーからは「はははは!かわいすぎる」「莎莎(孫の愛称)、萌えるわ〜」「食いしん坊さんだね(笑)」「かわいい〜ほっぺつねってあげたい」などの声が寄せられた。なお、「孫穎莎が五輪選手村に到着してした最初の質問」は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のランキングでトップ3に入っている。

孫は29日に行われた女子シングルス準決勝で伊藤美誠と対戦し、4-0のストレートで勝利。決勝では同じ中国の陳夢(チェン・モン)に2-4で敗れて銀メダルを獲得した。孫は2000年11月4日生まれで同年10月21日生まれの伊藤と同い年。現在行われている女子団体にも出場しており、中国と日本が勝ち進めば決勝で対戦することになる。(翻訳・編集/北田)

Record China

「選手村」をもっと詳しく

「選手村」のニュース

「選手村」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ