BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

韓国・済州の離島で観光の足となる電気自動車が相次ぎ爆発・炎上=韓国ネット「金もうけに忙しくて安全は二の次か」

Record China8月11日(金)7時20分
画像:9日、韓国有数のリゾートである済州島の離島・牛島で、観光客の重要な足となる電気自動車の爆発・火災事故が相次いでいる。写真は牛島。
写真を拡大
9日、韓国有数のリゾートである済州島の離島・牛島で、観光客の重要な足となる電気自動車の爆発・火災事故が相次いでいる。写真は牛島。
2017年8月9日、韓国有数のリゾートである済州島(チェジュド)の離島・牛島(ウド)で、観光客の重要な足となる電気自動車の爆発・火災事故が相次いでいる。韓国・電子新聞が伝えた。

牛島は済州島から船で東に15分ほどの距離に位置する島で、済州島よりもさらに澄んだ海や映画のロケ地などを求め国内外から多くの観光客が訪れる。島内は数時間で観光しながら巡れるサイズで、観光客はシャトルバスのほか、貸し自転車・原付バイク・電気自動車で回るのが一般的だ。

現在、島では電気自動車レンタル業者19社が営業しており、1〜2人用が700〜800台あるというが、今年に入りこの電気自動車で数回の爆発事故が報告されている。バッテリーに問題があるとの情報を聞いたというある業者の代表は「充電中でもなくただ駐車してあった車両1台が爆発し、並んでいた6〜7台の車両まで延焼の被害に遭った」例もあると話す。

調査によると、事故のあった車種の大半は鉛蓄電池を装着した中国産の車で、専門外のレンタル業者による「違法改造」が原因で爆発した可能性が高いことが分かった。寿命を迎えたバッテリーを高性能のリチウムイオンバッテリーに交換する過程で、バッテリーマネジメントシステム(BMS)を装着していなかったのだ。BMSは、電気自動車の駆動モーターの出力状態やバッテリー温度などからバッテリーの充電・放電電力を制御する装置で、電動・電気自動車への装着は必須とされている。

しかし実は、韓国にはこれに関する安全規格基準がなく、専門外の業者が任意で行うバッテリー交換を取り締まることは困難だという。それでも相次ぐ事故を受け、国土交通部はこのほど同地域のすべての電気自動車レンタル業者に対し「バッテリー原状復旧措置」に関する公文書を出し、車両に搭載された新規バッテリー(BMSを含む)の交換を指示した。

これについて韓国のネットユーザーからは「金もうけに忙しくて安全は二の次か」「客が死んでもいいということ?ひどいやつらだ」などレンタル業者への非難の声や、「違法な業者をみんな捕まえて刑務所に入れたらいい」「観光客の安全を担保に商売をできないように措置を取るべき」など厳しい処罰を望む声が上がっている。

また、「安全不感症+違法=韓国人の基本素養」「ぼったくり天国。観光客が行かなければ正気を取り戻すのでは?」など韓国全体の問題との指摘のほか、「ソウルの明洞(ミョンドン)のように国内の観光客から無視される前に、ちゃんとした方がいい」と警告コメントも。

さらに牛島に行ったことがあるというユーザーからは「いつもバスを利用してるよ。料金も安いし、何よりも運転手のガイドが面白い」とのお薦めコメントが寄せられた。(翻訳・編集/松村)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「自動車」をもっと詳しく

注目ニュース
「子供の情報がない」=小学校倒壊、母親ら焦燥—メキシコ地震 時事通信9月20日(水)23時43分
【サンパウロ時事】メキシコ中部を19日襲った強い地震で校舎の一部が倒壊した首都メキシコ市南部のエンリケ・レブサメン小学校。[ 記事全文 ]
想像を絶した「北朝鮮」の実情を吐露する20歳の脱北少女のスピーチが胸に刺さる 9ポスト9月20日(水)18時51分
2014年に話題になった脱北少女パク・ヨンミさん(現在23歳)のスピーチの動画が再び話題になっています。[ 記事全文 ]
よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道 サーチナ9月19日(火)14時12分
中国からすれば日本は小さな島国に見える。中国の国内総生産(GDP)が日本を抜いたことなどを理由に、近年は「日本は中国にはもう及ばない」とい…[ 記事全文 ]
トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告 TBS9月20日(水)6時14分
アメリカのトランプ大統領は国連総会で初めての一般討論演説を行い、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、「完全に破壊する以外、選択肢はなく…[ 記事全文 ]
北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国 サーチナ9月19日(火)22時12分
北朝鮮が15日朝に発射した中距離弾道ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬から東に約2200キロの沖合に着水した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告TBS9月20日(水)6時14分
2 よく考えてみると「日本って世界最強の島国じゃないか」=中国報道サーチナ9月19日(火)14時12分
3 メキシコでM7・1、119人死亡…ロイター読売新聞9月20日(水)7時56分
4 ブーケの代わりに保護施設の仔犬を抱いた花嫁(米)Techinsight9月19日(火)16時21分
5 北朝鮮の「自滅」警告=横田めぐみさんに言及—初の国連総会演説・米大統領時事通信9月20日(水)8時31分
6 「日本政府は慰安婦組織の共犯」日系韓国人教授が主張=韓国ネットから称賛の声Record China9月19日(火)21時20分
7 北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国サーチナ9月19日(火)22時12分
8 韓国で若い世代の売買春が急増、処罰の甘さが問題に=韓国ネット「いつまで青少年を保護するの?」「お金のために売春する人も処罰すべき」Record China9月19日(火)23時0分
9 世界で最も安全な10カ国に中国がランクイン=中国ネットは賛否両論Record China9月18日(月)22時20分
10 日本は「不思議で奇妙な弁当の国」、日本人はなぜ駅弁に情熱を傾けるの?=中国サーチナ9月19日(火)5時12分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア