中国の6大自動車メーカーを合わせてもトヨタの利益に及ばず=「トヨタはコスト削減で有名だから」「中国車の未来は明るい」—中国ネット

8月12日(土)8時40分 Record China

11日、中国メディアの第一財経日報は中国の6大自動車メーカーを合わせてもトヨタの利益に及ばないと伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はトヨタ。

写真を拡大

2017年8月11日、中国メディアの第一財経日報は中国の6大自動車メーカーを合わせてもトヨタの利益に及ばないと伝える記事を掲載した。

記事によると、中国の自動車市場における中国メーカーのシェア率は合わせて4割を超えるが、その利益率は決して高くないという。

2017年上半期のデータによると、上海汽車、東風汽車、一汽汽車、北京汽車、広州汽車、吉利汽車の中国主要6メーカーを合わせた純利益は117億2270万ドル(約1兆2894億円)で、トヨタの168億9930億ドル(約1兆8589億円)に及ばないという。それで、中国と海外の自動車メーカーとの間には大きな差が存在するとしている。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本車は乗りやすいんだよ」「トヨタはコスト削減で有名だからな。乾いたタオルからも水を搾り取るよ」などのコメントが寄せられた。

また、「中国ブランドは品質が悪いんだ。誰のせいにしようというのだ?」「輸入自動車の関税を撤廃したら中国メーカーは絶滅すると思う」などの意見もあり、中国ブランドに対する信頼はまだまだ高くはないようである。

しかし、「中国車の未来は明るいと思うが」「成長には時間が必要だ。トヨタはすでに世界トップになって久しい。中国メーカーは歩き始めたばかり。将来は世界へ羽ばたくと信じている!」と、中国メーカーの今後に期待するコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/山中)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ