ガザで抗議デモ、イスラエル軍の銃撃で2人死亡

8月12日(日)17時2分 読売新聞

 【エルサレム=金子靖志】パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で10日、イスラエルに対する抗議デモが起きた。ガザの保健当局によると、イスラエル軍の銃撃で救急隊員を含むパレスチナ人2人が死亡。負傷者は約300人に上り、取材中の地元記者2人も実弾で重傷を負った。

 イスラエル軍は、ガザ北部のデモ隊の一部が爆発物を投げ込んだとして、ガザを支配するイスラム主義組織ハマスの関連施設を戦車で報復攻撃した。

 イスラエル軍とハマスの間で8〜9日、2014年の大規模戦闘以降、最悪の衝突が起き、ガザでは妊婦(23)とその娘(1)ら3人が死亡、イスラエル側は約20人が負傷したばかりだ。

 国連の中東和平担当、ムラデノフ特別調整官は9日の声明で、「攻撃の応酬を抑えられなければ事態は急速に悪化し、壊滅的な結果を招く」と警告した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「ガザ」をもっと詳しく

「ガザ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ