米の制裁に露が「対抗検討」…英での神経剤事件

8月12日(日)17時49分 読売新聞

 【モスクワ=工藤武人】ロシア通信は11日、露外務省のザハロワ報道官が、英国で起きた神経剤襲撃事件へのロシアの関与を米国が断定し、ロシアに新たな経済制裁を科す方針を表明したことを受け、「対抗措置を検討している」と述べたと伝えた。「我々は米国と同様の対応をせねばならない」とも語り、米国をけん制した。訪問先のセルビアで記者団の質問に答えた。

 露外務省によると、これに先立ちラブロフ露外相は10日、ポンペオ米国務長官と電話で会談し、米国の対露制裁発動方針を「断じて拒否する」と反発した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「制裁」をもっと詳しく

「制裁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ