「トランプ氏側が口止め料提示」暴露本を出版へ

8月12日(日)15時32分 読売新聞

 【ワシントン=黒見周平】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は10日、トランプ米大統領の補佐官を務めたオマロサ・マニゴールト氏が近く出版する暴露本で、退任後にトランプ氏の関係者から毎月1万5000ドル(約166万円)の口止め料を支払うことを提案され、拒否したことを明らかにすると伝えた。

 黒人女性のマニゴールト氏は昨年末に更迭された後、トランプ氏を「人種差別主義者」などと攻撃。暴露本でも同様の批判をしているという。ホワイトハウスのサンダース報道官は「ウソしかない」とコメントした。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「トランプ」をもっと詳しく

「トランプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ