BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

パナソニックが中国でピンチ・・・苦境を招いた致命的なミスとは?=中国メディア 

サーチナ8月14日(月)7時12分
画像:来年創業100周年を迎え、日本に数多く存在する「百年企業」の仲間入りをするパナソニック。中国ではなおも「松下」の名前で知られているが、中国市場における状況は楽観的なものではないという。中国メディア・中国経済網は9日、パナソニックが中国において「中国式の苦境」に陥っているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)wihtgod/123RF)
写真を拡大
来年創業100周年を迎え、日本に数多く存在する「百年企業」の仲間入りをするパナソニック。中国ではなおも「松下」の名前で知られているが、中国市場における状況は楽観的なものではないという。中国メディア・中国経済網は9日、パナソニックが中国において「中国式の苦境」に陥っているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)wihtgod/123RF)
 来年創業100周年を迎え、日本に数多く存在する「百年企業」の仲間入りをするパナソニック。中国ではなおも「松下」の名前で知られているが、中国市場における状況は楽観的なものではないという。中国メディア・中国経済網は9日、パナソニックが中国において「中国式の苦境」に陥っているとする記事を掲載した。

 記事は「創業100周年を迎えるパナソニックは今、生死を左右する重要な転換期に差し掛かっている。モデルチェンジの苦しみとは、以前の業務が徐々にネックへと変わり、これから先の主力業務を模索している状態だ。進むにしても、退くにしても、死のにおいに満ちているのだ」とした。

 また、近年低迷が続く中でこの2年は業績が好転した状況についても「その原因は主に大規模なリストラと、テスラモーターズ向けの電池生産による利益であり、テレビや白物家電といった、従来の主力業務の回復ではない。そして、リストラでは貴重な人材資源を失っている」と指摘。さらに、1978年の改革開放スタートから中国に進出し、中国市場を重要視してきた同社だが、東芝やシャープといった日本企業同様ますます「中国式の苦境」にはまっていると伝えた。

 記事によれば、同社が「中国式の苦境」に陥った原因は戦略と体制上の問題にあるという。体制では現地の中国人人材を重用しなかったことが致命的な欠陥であったとし、戦略的にはプラズマテレビへの執着による失敗を挙げている。特にプラズマテレビについては「撤退後、ユーザー向けのアフターサービスが保障されなくなったことで、ブランドイメージを大きく損なう結果になった」と論じた。

 記事は「中国はもはや需要に供給が追い付かない時代ではなく、供給過多の時代になった。そして、かつてパナソニックは信頼性の高い品質で中国の消費者に愛されてきたが、今やハイアールや美的といった中国ブランド製品は品質的に大差がないどころか、リードしている状況だ」と説明。ブランドイメージを損なった大きな付けが回ってくる可能性を指摘している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C) 来年創業100周年を迎え、日本に数多く存在する「百年企業」の仲間入りをするパナソニック。中国ではなおも「松下」の名前で知られているが、中国市場における状況は楽観的なものではないという。中国メディア・中国経済網は9日、パナソニックが中国において「中国式の苦境」に陥っているとする記事を掲載した。

 記事は「創業100周年を迎えるパナソニックは今、生死を左右する重要な転換期に差し掛かっている。モデルチェンジの苦しみとは、以前の業務が徐々にネックへと変わり、これから先の主力業務を模索している状態だ。進むにしても、退くにしても、死のにおいに満ちているのだ」とした。

 また、近年低迷が続く中でこの2年は業績が好転した状況についても「その原因は主に大規模なリストラと、テスラモーターズ向けの電池生産による利益であり、テレビや白物家電といった、従来の主力業務の回復ではない。そして、リストラでは貴重な人材資源を失っている」と指摘。さらに、1978年の改革開放スタートから中国に進出し、中国市場を重要視してきた同社だが、東芝やシャープといった日本企業同様ますます「中国式の苦境」にはまっていると伝えた。

 記事によれば、同社が「中国式の苦境」に陥った原因は戦略と体制上の問題にあるという。体制では現地の中国人人材を重用しなかったことが致命的な欠陥であったとし、戦略的にはプラズマテレビへの執着による失敗を挙げている。特にプラズマテレビについては「撤退後、ユーザー向けのアフターサービスが保障されなくなったことで、ブランドイメージを大きく損なう結果になった」と論じた。

 記事は「中国はもはや需要に供給が追い付かない時代ではなく、供給過多の時代になった。そして、かつてパナソニックは信頼性の高い品質で中国の消費者に愛されてきたが、今やハイアールや美的といった中国ブランド製品は品質的に大差がないどころか、リードしている状況だ」と説明。ブランドイメージを損なった大きな付けが回ってくる可能性を指摘している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)wihtgod/123RF)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
パナソニックのまとめ写真 中国のまとめ写真 リストラのまとめ写真 ハイアールのまとめ写真 美的のまとめ・写真

「パナソニック」をもっと詳しく

注目ニュース
米・人気ファストフード店「チックフィレイ」でパンから焼け焦げたネズミ! Techinsight8月20日(日)19時52分
アメリカで人気上昇中のファストフードチェーンから、驚くような異物混入事件が伝えられた。[ 記事全文 ]
腸の病気を持つ少女、トイレを借りようとしたが店員に拒否される(英) Techinsight8月9日(水)17時55分
腸疾患のある人達が持つ「Can'tWait(待てない)」カードが海外で普及しつつあるのをご存知だろうか。[ 記事全文 ]
パクリと批判された中国高速鉄道も今や「パクられる側?」機を逸すれば巨大な損失の恐れも=中国報道 サーチナ8月21日(月)5時12分
中国高速鉄道は、新幹線など複数の高速鉄道システムから技術を導入して完成したものだということは周知のとおりだ。[ 記事全文 ]
中国の革新指数が世界17位に、トップ20では唯一の「発展途上国」—中国メディア Record China8月21日(月)5時50分
中国科学技術発展戦略研究院が18日に北京で発表した「国家革新指数報告2016−2017年」によると、世界の革新(イノベーション)をめぐる局…[ 記事全文 ]
誰ですか?整形女性が飛行機から下ろされる—中国メディア Record China8月20日(日)0時0分
2017年8月17日、騰訊網は記事「整形手術を疑われた中国人女性、中国東方航空に搭乗を拒否される」を掲載した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 誰ですか?整形女性が飛行機から下ろされる—中国メディアRecord China8月20日(日)0時0分
2 外国人が我慢ならない日本の変な文化=中国ネット「すべて日本の良いところじゃないか」Record China8月19日(土)9時10分
3 睡眠中に侵入 男性の耳から赤ちゃんヤモリを摘出(中国)Techinsight8月20日(日)13時34分
4 21日から米韓合同軍事演習、北朝鮮に目立った反応なしTBS8月20日(日)17時43分
5 韓国人も「猟奇的な勢い」と驚く訪日韓国人激増の理由=「僕の両親も日本には絶対行かないと常々言っていたが…」—韓国ネットRecord China8月19日(土)22時20分
6 皆既日食「史上最悪の渋滞も」100万人移動か読売新聞8月20日(日)8時40分
7 ロシアで通行人7人刺される、警官が男を射殺TBS8月20日(日)12時56分
8 スペインテロ犯人グループ 大量のガスボンベをバンに積み「サグラダ・ファミリア教会」爆破も計画Techinsight8月20日(日)17時54分
9 米・人気ファストフード店「チックフィレイ」でパンから焼け焦げたネズミ!Techinsight8月20日(日)19時52分
10 韓流女性アイドル稼業は命懸け!?少女時代が押し寄せたファンに倒され胸触られる、過去には本番中のステージで拉致未遂もRecord China8月18日(金)17時20分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア