台湾の独立派「精日」団体、今年も靖国参拝—中国メディア

8月15日(木)19時0分 Record China

日本は15日に74回目の終戦記念日を迎えたが、中国のニュースサイトの環球網は、台湾の独立派「精日」団体「台湾民政府」の関係者らが今年も、東京・九段北の靖国神社に参拝したと報じた。写真は靖国神社。

写真を拡大

日本は15日に74回目の終戦記念日を迎えたが、中国のニュースサイトの環球網は、台湾の独立派「精日」団体「台湾民政府」の関係者らが今年も、東京・九段北の靖国神社に参拝したと報じた。

精日(精神日本人)とは、中国で精神的に自らを日本人とみなしている人物を指す俗語だ。

台湾民政府は、台湾の所有権は日本の天皇にあると主張し、日本への復帰などを目指す団体。2008年2月に設立。

環球網は、台湾民政府について「ほぼ毎年8月15日に靖国神社に姿を見せる」とし、今年の参拝の様子を「メンバーらは団体名などが書かれたたすきを身に着け、日本国旗を手にした人物を先頭に、隊列を作って参拝した」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ