少女時代の新曲MV、監督が「日本のパクリ」を認めて謝罪=韓国ネット「ディズニーだから謝罪した」

8月15日(月)16時0分 Record China

15日、韓国メディア・テンアジアは、ガールズグループ・少女時代の15周年記念アルバム「FOREVER 1」のタイトル曲のミュージックビデオが「盗作疑惑で恥をさらした」と伝えた。

写真を拡大

2022年8月15日、韓国メディア・テンアジアは、K-POP界のレジェンドガールズグループ・少女時代の15周年記念アルバム「FOREVER 1」のタイトル曲のミュージックビデオ(MV)が「盗作疑惑で恥をさらした」と伝えた。

記事によると、日本や韓国のネット上で最近、「FOREVER 1」のミュージックビデオに登場するセットのデザインが東京ディズニーシーの15周年のロゴに酷似しているとの主張が物議を醸した。

これを受け、ミュージックビデオを演出した監督は14日にSNSで「許可なくデザインを借用した」と認め、「恥ずかしく申し訳ない」と謝罪。「二度とこうしたことが起きないよう、今後は制作前に徹底的に調査しチェックしていく」と約束したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「真ん中にディズニーとしっかり書かれているのに…」「ここまではっきりディズニーと書かれているのだから『知らなかった』では済まされない」「ディズニーでもその他でも、参考程度にするべき。なぜ全く同じものを使うのか」などと指摘する声が上がっている。

また「ディズニーだから謝罪したのだろう。ディズニーは著作権にうるさいから」「ディズニーじゃなければ知らんふりで済ませていたはず」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「少女時代」をもっと詳しく

タグ

BIGLOBE旅行 都道府県民限定プランのご紹介♪

東京都民限定・県民割でお得に宿泊できる!人気のおすすめ旅館・ホテルはこちら 東京都民限定・県民割でお得に宿泊できる!人気のおすすめ旅館・ホテル

「少女時代」のニュース

「少女時代」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ