中国のインターネット利用者、2018年末で8億3000万人に—中国メディア

8月16日(金)0時0分 Record China

中国国家統計局は13日、「新中国成立70周年経済社会発展成果報告」を発表した。資料写真。

写真を拡大

中国国家統計局は13日、「新中国成立70周年経済社会発展成果報告」を発表した。報告によると、中国のインターネット利用者は、1997年時点の62万人から2018年には8億3000万人まで激増した。2018年、モバイルインターネット接続によるデータ消費量は、2013年の56.1倍に相当する 711億GBに達した。新華社が伝えた。

新中国成立以来70年で、中国の通信業は目覚ましい発展を遂げた。報告では、中国における通信技術の飛躍的発展について述べられている。2018年末の時点で、光ファイバーによるインターネット接続者は3億6800万人、4Gネットワーク利用者総数は11億7000万人に、それぞれ達した。

利用者が目覚ましく増加し、電気通信の業務総量は急速に拡大した。統計データによると、2018年末の時点で、全国の電話利用者数は17億5000万人で、世界トップ。モバイルブロードバンド利用者総数(3Gと4G利用者)は、2014年末時点の5億8000万人から、2018年末には13億1000万人まで増加し、年平均増加率は22.4%だった。

デジタル消費は、人々の潜在需要に対応し続けている。報告によると、2018年末の時点で、中国におけるオンラインショッピング利用者数は6億1000万人で、インターネット利用者総数の73.6%を占めるまでとなった。

このほか、報告によると、中国の宅配業務量は、2014年に米国を追い抜いたあと、ずっと世界トップの座を保っている。宅配業務総量は、1988年の153万件から、2018末には507億件まで激増した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ