<コラム>さいたま新都心駅前「コクーンシティ」の原点は蘇州市の第一シルク工場にあった

8月16日(金)0時20分 Record China

江蘇省蘇州市南郊外南門路94号にある蘇州金葉絲服装有限公司は、蘇州日本人租界地跡にある会社で、その前身である蘇州第一絲廠は1924年創立の日本の蚕糸企業「片倉製糸紡績(現片倉工業)」が原点、工場名を“瑞豊絲廠”と言った。

写真を拡大

江蘇省蘇州市南郊外南門路94号にある蘇州金葉絲服装有限公司は、蘇州日本人租界地跡にある会社で、その前身である蘇州第一絲廠は1924年創立の日本の蚕糸企業「片倉製糸紡績(現片倉工業)」が原点、工場名を“瑞豊絲廠”と言った。1938年、華中蚕糸公司蘇州支店と改め1945年中国蚕絲公司蘇州第一実験糸廠と改名、1951年に蘇州第一絲廠(第一シルク工場)となった。現在は、シルク製品ショッピング販売店となっている(写真1)。

中国側の記録である「蘇州市第一絲廠廠誌」と日本側の「片倉製糸紡績株式会社二十年誌」によって当時の経緯をまとめると、1922年、片倉製糸紡績(1920年に片倉組から改名)が日華蚕糸公司を組織。1924年、日本領事岩崎栄蔵が租界内に工場建設を提唱、上海瑞豊洋行(片倉子会社)の岡野経理を日本人租界地の青陽地に派遣して、瑞豊繭行を創業して繭の買い付けを行う。1926年5月、租界内に新工場を建設(大本亦之助技師)、本格生産に入る。日華蚕糸公司瑞豊洋行の管理の“瑞豊絲廠”と命名(工場長:網野一希)。設備としては、歯車部が鉄でその他は木でできた座繰車(写真2)の240台であり、青島絲廠・張店絲廠と合わせ、日華蚕糸公司三大製糸工場の一つになった。

1938年、日本政府は上海に華中蚕糸公司を成立させ、片倉紡績は瑞豊絲廠をその傘下に置き、座繰車を360台にまで増設、職人918名となった。同年、瑞豊絲廠は蘇州絲廠と改名した。1940年には、更に座繰車を増設428台となり全盛時代を迎えた。上海に設立された華中蚕糸公司は1940年代に入ると、無錫や南京ほか30カ所以上に展開、職人の数で約2万人、座繰機で6000台になり、その他小型工場まで入れると350カ所余りで1万3千台の座繰機を持ったが、1943年5月に解散した。

片倉工業(1943年に改名)の創業は1973年(明治6年)で、今年146周年となる。創業者の片倉市助が長野県諏訪郡川岸村(現在の岡谷市)の自宅前で十人座繰車からスタートした。その後、松本市に進出し1898年(明治31年)に東京千駄ヶ谷に製糸工場を展開、1901年に片倉組購繭所として大宮町仲町(さいたま市大宮区)に移転、1916年には78000坪の広大な敷地を有する現在のさいたま新都心駅前に移転した(大宮製糸場)。この場所は、江戸時代は何と下原刑場(罪人の処刑場)であった(写真3)。

明治国家がスタートした時期、日本の産業といえるのは生糸と米くらいであったが、繭の品種改良で生糸生産量が世界一になった(1911年)。片倉工業(当時の片倉製糸紡績:1920年片倉組から改名)の成長のひとつが、生糸の生産性を大きく飛躍させた御法川直三郎が開発した「御法川式多条繰糸機」がある(写真4)。当時生産性を上げるには、座繰車の速度を如何に上げるかであったが、速度が上がると湯の中から出る繭糸の品質が落ちる傾向があり、それを改善したのが、一人で20本の糸を同時に低速で繰り上げることを可能にした写真のような多条繰糸機である。1922年大宮製糸場で国内初めて実用生産に入った。その後1929年(昭和4年)には500台となった。(写真5)は1916年当時の大宮製糸場の全景で、(写真6)は1922年当時の工場レイアウト図である。北は氷川神社一の鳥居から、南はさいたま新都心駅東口に至る広大な敷地だ。

戦後は、合成繊維に押され生糸の需要は大きく減少、大宮製糸場は1967年にゴルフ練習場を始め、その後土地開発事業に進出した。現在さいたま新都心駅前の社用地43000坪はショッピングセンター「コクーンシティ」として「まちづくり」を推進している。コクーンとは繭(まゆ)の意味であり、“まゆづくり”から“まちづくり”に貢献していると言えよう。

Record China

「シルク」をもっと詳しく

「シルク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ