洗濯乾燥機に犬を入れて回した少女に非難殺到(米)<動画あり>

8月16日(金)5時50分 Techinsight

犬を洗濯乾燥機に入れる少女(画像は『Metro 2019年8月12日付「Girl screeches with laughter as she puts dog in dryer and turns it on」(Picture: Instagram)』のスクリーンショット)

写真を拡大

米テキサス州の10代の少女がペット犬を洗濯乾燥機に閉じ込めてSNSでライブ配信し、「あまりにも残酷」「これは動物虐待だ」と非難が殺到した。動画の少女に悪びれた様子は微塵もなく、ついには地元警察や動物保護センターが調査に乗り出した。『CBS DFW』『USA TODAY』などが伝えている。

テキサス州ダラス近郊ルイスビル在住の10代少女が、シーズーとみられる犬を洗濯乾燥機に入れて回し、その様子をSNSでライブ配信した。この動画は今月10日、別のツイッターユーザーによって再投稿され「誰か警察に通報して! こんなことをする人は犬やペットを飼うべきではないわ。これはまさに虐待よ」と訴えたことで拡散した。

動画では少女がカメラに向かって「犬を洗濯乾燥機にもう一度入れるわね」と言って白い犬を抱え、洗濯乾燥機の中に入れている。その後「ああああ」と雄たけびを上げた少女は、扉を閉めて乾燥機をスタートさせた。少女は乾燥機がガラガラ回る音を聞きながら嬉しそうに手を叩き、カメラに向かって奇声をあげ続ける。約6秒後に扉が開かれると、乾燥機の中で回されている犬が映し出された。少女は声をあげて笑い続けるが、犬はその隙に居間に逃げ込み静かに様子をうかがっている。テーブルの下にうずくまる犬に、少女が笑いながら「ごめんね」と謝るところでビデオは終わっている。

この動画を見た人からは、次のようなコメントが続々と寄せられた。

「この子、動画を友達とシェアしているのよね。面白がって犬を虐待するなんて許せない。」
「ダラス警察署が黙っていないわ。」
「SNSでの人気取りでしょう。吐き気がするわ。」
「警察に通報したよ。」
「私は直接警察に行ってきたわ。」
「今すぐ動物虐待で逮捕されるべき。」
「次にこの子の顔を見るのはマグショットだね。」
「今すぐこの犬を取り上げるべき。私がこの犬の世話をするわ。」
「動物保護センターの職員よ。然るべき対応をするわ。」
「この子はまだ10代だから、処罰はできないかもね。」
「もう二度とこの動画を見たくない。」

ついには動画が配信されたインスタグラムを探し出したユーザーが、少女が通学する高校の名前を明らかにするなどSNSは大炎上し、12日には動画の視聴回数が500万回を超えた。問題の少女のインスタグラムのアカウントは削除されているが、同日にダラス警察署(DPD)がFacebookに調査中であることを投稿。DPDはその日のうちに少女の身元を割り出し「捜査は初期段階だが、少女は未成年のためこれ以上の情報公開は差し控える」と発表した。

各メディアは少女の年齢を考慮し顔にぼかしを入れて報道しているが、「未成年でもきちんと処罰されるべき」と言った声は止みそうもない。

ちなみに同様の虐待事件は過去にも何度か起きており、2018年にはポーランドで幼い男児のベビーシッターをしていた10代少年がその子を洗濯機に閉じ込めて動画撮影し警察に逮捕されている。また同年アルゼンチンでも犬を洗濯機に閉じ込めて動画撮影した飼い主が非難を浴びていた。

http://youtu.be/JqixRbz8GPs

画像は『Metro 2019年8月12日付「Girl screeches with laughter as she puts dog in dryer and turns it on」(Picture: Instagram)』のスクリーンショット

Techinsight

「洗濯」をもっと詳しく

「洗濯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ