北朝鮮の飛翔体発射、米政府高官「状況を注視」

8月16日(金)12時22分 読売新聞

 【ワシントン=海谷道隆】北朝鮮による飛翔体の発射に関し、米政府高官は15日、読売新聞の取材に対し「北朝鮮によるミサイル発射の報道は承知しており、状況を注視している。同盟国である日本や韓国と密接に連携し対応していく」とコメントした。トランプ大統領は短距離ミサイルの発射を問題視しない姿勢を繰り返し表明しており、今回の発射も短距離とみて冷静に受け止めているとみられる。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「北朝鮮」をもっと詳しく

「北朝鮮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ