子犬の虐待動画を配信したユーチューバー「俺がしたいことは何だってできるんだ」(韓)

8月17日(土)4時50分 Techinsight

子犬の虐待動画を投稿し続けた男(画像は『Metro 2019年7月31日付「Youtuber streams himself battering puppy for vile abuse channel」(Picture: YouTube)』のスクリーンショット)

写真を拡大

昨今、SNSで注目を浴びるために動物を虐待する動画を配信する悪質な者があとを絶たないが、このほど韓国でユーチューバーの男が自分の飼い犬を虐待する動画を公開し、韓国国内ならず海外でも大炎上している。『Metro』『Koreaboo』などが伝えた。

韓国ソウル在住のソジェヒ(서재희)というユーチューバーの男が、アカウント名「승냥이유튜브」でYouTubeに投稿していた動画が人々の怒りを買った。動画には男が飼っているハスキー犬と思われる子犬が一緒に映っていた。

しかし動画の中で、男は子犬を抱き上げてベッドの上に叩きつけたり、顔を何度も平手打ちをしたり噛んだりする様子が捉えられていた。これに見かねたネットユーザーの中には動物虐待として警察に通報する者までおり、2017年から男は動物虐待の疑いで何度も通報されていた。

今回も通報が多かったためか警察は男の自宅を訪問し、犬の虐待を止めるよう忠告した。この様子は男のYouTubeチャンネルでライブ配信され、警察が帰った後に男は「俺がしたいことは何だってできるんだよ。お前達に言っておくがな、俺が犬を殴ったって、奴らは何もできやしないんだよ!」と視聴者に言い放った。

この言葉に多くの人が憤り、SNSユーザーのひとりは「もうなんて言っていいか分からない。どうすることもできないよ。この男のことをYouTubeに通報したところで、この後男が犬に何をするか想像がついてしまう」と投稿していた。

しかし人々の犬を救いたいという思いから男の悪事は拡散され、アメリカの俳優でコメディアンでもあるリッキー・ジャーヴェイス氏が、この虐待動画を見て「この男の顔を殴ってやりたい」とSNS上で怒りを露わにした。

そこから状況は好転したようだ。その後警察が関与し、韓国の動物保護団体「Catchdog」が先月31日に男の家から子犬を保護することができたのだ。そしてその日のうちに同団体によって子犬は病院で検査を受けたところ、特に怪我もなく健康な状態だったという。

男のYouTubeチャンネルは未だ存在するものの、動画は全て削除されたようだ。しかし韓国では動物保護法の規制がまだそれほど厳しくないため、現在男はなんのお咎めもなく、再び犬を飼おうと思えばまた飼うこともできるのだ。

これを懸念してか、請願書の署名を募るウェブサイト『Care2』ではこの男の事例を挙げ、韓国国内の動物保護法の強化を求めるページが作られた。すでに13万人以上の署名が集まっており、目標の14万人に達した後に韓国議会に提出される予定だ。

画像は『Metro 2019年7月31日付「Youtuber streams himself battering puppy for vile abuse channel」(Picture: YouTube)』のスクリーンショット

Techinsight

「虐待」をもっと詳しく

「虐待」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ