金与正氏「初の肉声演説」は国民から大ひんしゅく

8月18日(木)6時54分 デイリーNKジャパン

北朝鮮の金正恩総書記の妹、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は、10日に開かれた全国非常防疫総括会議で、国内に新型コロナウイルスが流入したのは、韓国から脱北者が送り込んだビラなどが汚染されていたことによるものとして、韓国に対する報復を示唆する内容の発言を行った。


この様子は、国営メディアを通じて報じられたが、その内容に、北朝鮮国民からは不満の声が上がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。


平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋は、11日に朝鮮中央テレビで放送された全国非常防疫総括会議が多くの住民の関心を集めたと述べた。その理由は、金与正氏が初めて肉声で演説を行ったためだという。


「住民は、毎日見ているテレビで最高尊厳(金正恩氏)の妹の肉声が公開されるのは今回が初めてだとして、演説を最後まで見守った」(情報筋)


しかし、演説内容についての評判はあまりよくなかったようだ。人民生活(民生)への言及は一言もなく、朝鮮半島の情勢を悪化させるものばかりで「多くの人が失望した」と情報筋は伝えた。


金正恩氏は、「領内に流入した新型コロナウイルスを撲滅し、人民の生命と健康を保護するための最大非常防疫戦で勝利」したと宣言したが、情報筋は「それならば、次は悪化した民生をいかにして解決すべきか議論しなければならないのではないか」として、「ウイルスはもちろん、南朝鮮(韓国)当局の連中も撲滅する」と敵愾心を煽るばかりの金与正氏の演説に不満を示した。


平安南道(ピョンアンナムド)の別の情報筋も、やはり金与正氏の肉声での演説に関心が集まったとしつつも、「彼女が原稿を見続けて、学生のように震えた声で読み上げる様子を見て、威厳がないと評する人もいた」と伝えた。



また、金正恩氏のコロナ防疫に勝利したという宣言の次は、金与正氏が、悪化した民生問題を解決する案を示すと思っていたが、韓国を激しく非難するばかりで、責任を外部に転嫁しているという否定的な反応を示した。

デイリーNKジャパン

「金与正」をもっと詳しく

「金与正」のニュース

「金与正」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ