1日40本のタバコを吸う2歳児 またもやインドネシアで

8月19日(日)4時0分 Techinsight

1日40本のタバコを吸う2歳男児(画像は『Metro 2018年8月15日付「Boy, 2, with 40-a-day cigarette habit after getting hooked from butts on the street」(Picture: ViralPress)』のスクリーンショット)

写真を拡大

わずか2歳にもかかわらず、慣れた手つきでプカプカとタバコを吸うインドネシアのアルディ・リザル君を覚えているだろうか。当時、世界中のメディアで「幼い男児の喫煙姿」が取り上げられ話題になったが、アルディ君はその後禁煙と減量に成功し、現在は元気に学校生活を送っているようだ。しかし喫煙率が高いインドネシアでは子供の喫煙も多く、このほど別の2歳の男児の喫煙姿を『Metro』『Mirror』などが伝えている。

インドネシアの西ジャワ州スカブミに住むラピ・アナンダ・パムンカス君(Rapi Ananda Pamungkas、2歳)は現在、1日に40本のタバコを吸っている。

ラピ君の母マーヤティさん(Maryati、35歳)と父ミスバフディンさん(Misbahudin、40歳)は露店で食べ物を売りタバコの販売もしているが、その店先でラピ君が拾っていた吸い殻に少年らが火をつけたことがきっかけとなり、ラピ君はわずか数日間でニコチン中毒に陥りタバコを止められなくなってしまった。

行き交う買い物客らに、ひっきりなしにタバコをせがむ小さなラピ君の姿を見た通行人らは、最初ラピ君が冗談でやっていると思っていたようだ。しかし現地で“meroko(メロコ)”と呼ばれるタバコがもらえないとわかると、ラピ君は誰に対しても攻撃的になりひどい癇癪を起こすという。母のマーヤティさんは、喫煙癖がついた2歳の我が子のことをこのように話している。

「息子にタバコを止めさせるのは無理なのではと思っています。吸えないとわかると1日中大泣きして眠ることもしません。タバコ代は高いですが、凶暴になるのを防ぐために1日2箱買い与えています。この2か月間、息子は毎日喫煙していて、特にコーヒーを飲んだりケーキを食べたりする時に吸っています。」

一方で、自身も喫煙者だという父のミスバフディンさんは「なぜ息子がこんなにも喫煙習慣がついたのかは分からない。でも息子にタバコをせがまれるとダメとは言えないのです。私自身は職場で喫煙する程度であまり吸いません。息子はタバコを吸いながらモカチーノを飲むのが好きなようです」と語っている。幼い我が子の喫煙癖を深刻には捉えていない様子がうかがえるが、両親は近いうちにラピ君を医師のもとへ連れて行き、喫煙習慣を断ち切る話をするつもりだという。

世界でも喫煙率が高いとされるインドネシアでは、18歳未満の子供の約9%が定期的に喫煙しており、児童喫煙率の増加が問題視されている。このニュースを知った人からは「親の子供への躾はどうなってるんだ」「国が違えば文化も異なるからインドネシアではごく普通のことなんじゃないの」「間違いなく早死にするな、この子は」「タバコを与えないとぐずるからっていう理由はどうなの。信じられない」「インドネシアって喫煙による子供の死亡率ってどうなんだろうね。お母さん、子供の葬式代貯金しておいたほうがいいかも」「こんな両親のもとで育つ子供が気の毒」「でもこの国では、子供の喫煙が習慣化してしまっているんだろうな」といった声があがっている。

画像は『Metro 2018年8月15日付「Boy, 2, with 40-a-day cigarette habit after getting hooked from butts on the street」(Picture: ViralPress)』のスクリーンショット

Techinsight

「タバコ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「タバコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ