マレーシア人ラッパー身柄拘束、イスラム教冒涜容疑

8月24日(水)15時32分 ロイター


 ミュージックビデオでイスラム教を冒涜したとして、中国系マレーシア人のラッパーが身柄を拘束されている。マレーシア警察は8月22日、「イスラム教を冒涜する目的で神聖な信仰の場を汚した」容疑で、「ネームウィー」の名前で有名なマレーシア人のマルチタレント黄明志氏(33)の身柄を拘束した。
 4月にリリースされたミュージックビデオ『オーマイゴッド』は、黄氏と3人のラッパーが寺院などで、「アラー」という文言を使いながら中国語で歌う内容。このビデオに憤慨したマレー系ムスリム団体が、内容がイスラム教を冒涜しているとして当局に訴え出た。
 黄氏は、ビデオは宗教的な調和を奨励する目的で制作されたと主張しているが、イスラム教が国教の多民族国家マレーシアでは、人種と宗教は非常に微妙な問題でタブーも多い。 同国最高裁は昨年、キリスト教系出版物に「アラー」の文言を使うことを禁じた下級裁判所の裁定を支持し、ムスリム以外の使用を事実上禁止した。

ロイター

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マレーシアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ