北朝鮮が飛翔体2発発射、日韓「国連安保理決議に違反」—米華字メディア

8月25日(日)13時10分 Record China

24日、米華字メディアの多維新聞は、北朝鮮が同日朝、飛翔体2発を発射したことについて、日本と韓国が、国連安保理決議の違反にあたると指摘したと報じた。資料写真。

写真を拡大

2019年8月24日、米華字メディアの多維新聞は、北朝鮮が同日朝、飛翔体2発を発射したことについて、日本と韓国が、国連安保理決議の違反にあたると指摘したと報じた。

記事はまず、韓国の対応について、「韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が発射した2発の飛翔体について、短距離弾道ミサイルと推定されるとした上で、飛行距離にかかわらず国連安保理決議の違反にあたると表明した」と伝えた。

日本の対応については、「北朝鮮が同日朝に発射したものは弾道ミサイルだったとして強く抗議した」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「安保理」をもっと詳しく

「安保理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ