日本が“空飛ぶ車”の有人飛行に成功!=中国ネットは期待の一方、「現実的な問題」を指摘

9月1日(火)17時20分 Record China

30日、中国版ツイッター・微博のニュースアカウント頭条新聞は、日本で「空飛ぶ自動車」の有人飛行試験が成功したと報じた。(画像出典:SkyDrive公式twitterより)

写真を拡大

2020年8月30日、中国版ツイッター・微博のニュースアカウント頭条新聞は、日本で「空飛ぶ自動車」の有人飛行試験が成功したと報じた。

同アカウントは「日本の企業が夢を現実にし、『空飛ぶ自動車』を開発した」とし、先日行われた有人飛行試験の様子が初めて公開されたと紹介。中国中央テレビ(CCTV)の報道映像を添付した上で、この自動車が八つのプロペラを持ち、垂直離陸が可能なほか、最高時速が50キロに達すると説明。2023年の実用化を目指していると伝えた。

日本で開発された「空飛ぶ自動車」について、中国のネットユーザーからは「素晴らしい、恐れ入った」「ものすごく期待しちゃう」「このハイテクは本当にすごい」「科学の発展速度には驚きしかない」「将来は、空飛ぶ自動車用の免許が必要になるね」「順調に開発が進むといいなあ」など、大いに興味を示していることがうかがえるコメントが多く寄せられた。また「日本の物にはいつもウルトラマン的な感覚がある」との感想もあった。

一方で、「今は地上が渋滞しているが、将来は空中が渋滞しそうだ」「空中飛行は固定の軌道を整備しない限り、日常ツール化はあり得ないと思う」「幹線道路では空飛ぶ自動車が実現するかも。でも日本の小さい道は電柱と電線があるから、引っ掛かりそうで怖い」といった現実的な課題を指摘する声も見られた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ