日本人って「どんな人?」 一見すると冷たそうに見えるが実際は・・・=中国

9月3日(火)17時12分 サーチナ

中国メディアは、日本を訪れた中国人旅行客が撮影した日本の街中の風景を写真で紹介しつつ、ごく普通の日本人の姿を伝え、「日本人は真面目で礼儀正しく、一見すると冷たそうに見えるが実際は友好的」であると紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 日本と中国は隣国同士でありながら、相互理解という点ではまだ不足していると言わざるを得ず、中国では日本人に対する誤解も少なからず存在する。たとえば、連日のように放送されている抗日ドラマの影響か、日本人は残忍で野蛮であると誤解している中国人も少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客が撮影した日本の街中の風景を写真で紹介しつつ、ごく普通の日本人の姿を伝え、「日本人は真面目で礼儀正しく、一見すると冷たそうに見えるが実際は友好的」であると紹介している。

 記事は、日本人の国民性は中国人と大きく異なっていると指摘し、その国民性の違いゆえに「似たような外見をしていても、容易に見分けることができる」と紹介する一方、日本人に対する理解は乏しいのが現状であることを指摘。そのうえで、日本のどこでも見られるような日常風景について、写真で紹介しつつ、ごく普通の日本人について紹介した。

 たとえば、日本は「経済が発展していて、人びとも豊かな暮らしができているというのに、欧米のように悠々自適な暮らしを求める人は少なく、仕事の巨大なプレッシャーのもと一生懸命に働いている」と紹介。また、日本人の真面目な仕事ぶりは地下鉄を見ればわかるとし、駅職員は車両が駅に到着するたびに安全確認を毎回行っており、「単調に見える仕事でも全く手を抜いていない」と紹介した。

 また、日本人の性格は中国人からすると「矛盾に満ちているように見える」と紹介。険しい顔で道を歩いている日本人は一見すると冷淡に見えると主張する一方、道を尋ねるなど「助けを求めれば笑顔で対応してくれる」と強調、実際の日本人は友好的で冷淡ではないと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ