日本車が韓国の不買運動に打ち勝てた理由とは=韓国ネット「信じられない」「結局、日本車が最高」

9月8日(水)8時20分 Record China

7日、韓国・マネートゥデーは、日本車メーカー3社が「ハイブリッド」で韓国の不買運動に打ち勝ったと伝えた。写真はレクサス車。

写真を拡大

2021年9月7日、韓国・マネートゥデーは、日本車メーカー3社が「ハイブリッド」で韓国の不買運動に打ち勝ったと伝えた。

記事によると、韓国市場におけるレクサスの今年8月の販売台数は933台で、前年同期比3.7%増加した。トヨタは467台で7.9%増加、最も不振が深刻だったホンダは518台で114.9%急増した。

今年の累積基準でも着実に増加傾向にある。レクサスは今年1〜8月の販売台数が6828台で前年同期比3.2%増加。トヨタは1.4%増の4375台、ホンダは38.9%増の2532台だったという。

韓国の日本製品不買運動は、日本政府が半導体素材の対韓国輸出管理強化を決定した19年6月末に始まった。燃費の良さや優れた走行性能で人気を博していた日本車はそのメインターゲットとなり、売り上げが急減。日産・インフィニティは20年末をもって韓国市場から撤退した。

しかし今年は、電気自動車に注目が集まったことで「逆転のチャンス」が訪れた。テスラがリードする電気自動車市場に現代自動車など数多くの完成車メーカーが参入し新車を発表した。ところが「インフラ不足」が障壁となり、その代替材として日本メーカーが強い競争力を誇るプラグインハイブリッドカー(PHEV)、ハイブリッドカー(HEV)の人気が高まったという。

業界では、日本車メーカーの成長は今後しばらく続くものと見ているという。ある業界関係者は「いまや車の購入において国籍は重視されない」とし、「日本車の商品性は認められているため、販売台数は伸び続けるだろう」と話したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「信じられない」「最近は日本車を見かけることが増え、不買運動は終わったと感じる。過去を忘れてはならないのに」「韓国国民としてのプライドはないのか」「良い車はたくさんあるのになぜわざわざ日本車を買うのか」「光復節(8月15日、日本からの解放記念日)、三一節(3月1日、独立運動記念日)が近づいてきたら、日本車を買ったことを後悔するよ」など落胆の声が上がっている。

また「私はこれからも不買運動を続ける」「日本は何も変わっていない。不買運動をこのまま終わらせてはいけない」と不買運動継続を呼び掛ける声も。

一方で「車は結局、日本車が最高」「誰だって安くて性能が良くて安全な車を選ぶ。一度日本車に乗ったらもう他は乗れない」と納得する声や「電気自動車は本当に苦労する。早くインフラを整えてほしい」と訴える声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ