さすが日本だ! 「防災対策にもこんなにも細かさと配慮があった」=中国メディア

9月10日(火)7時12分 サーチナ

中国メディアは、日本で見られる細部にわたる配慮について紹介する記事を掲載した。災害が多い国だけあり、防災対策にも細かさが見られると伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 日本人の細部にわたる配慮は、多くの中国人を感動させている。これは大陸的なおおらかさのある中国ではなかなか見られないことだからだろう。では具体的にどんなところに細かな配慮があるのだろうか。中国メディアの今日頭条は7日、日本で見られる細部にわたる配慮について紹介する記事を掲載した。災害が多い国だけあり、防災対策にも細かさが見られると伝えている。

 災害発生時、真っ先に考えるのは身の安全の確保と避難だろう。記事はまず、地震などの災害が起きた時に備え、日本のマンションでは「秘密の通り道」、つまり「避難はしご」が備え付けられていると紹介した。これは、エレベーターも階段も使えない場合を想定していると説明し、念には念を入れる日本人の慎重さに感心している。

 この避難はしごは、ベランダに設置されたハッチを開け、レバーを足で踏んではしごを出すという比較的簡単な動作で、地上まで続くはしごを下げることができると紹介。女性にも操作することができる優れもので、使い方もマンションによっては定期的に訓練しているので周知されていると伝えた。

 日本で設置されている避難用器具はほかにもたくさんある。記事は、利用者が自分の体重で降りて避難する緩降機、窓やベランダから広げた袋状のシートの中を滑り降りていく救助袋、ベランダから避難するための蹴破り戸というものもあると紹介した。

 中国でも災害対策は行われているものの、こうした避難用器具が形だけになっていることが非常に多い。個人で避難用持ち出し袋を準備する習慣もほとんどなく、やはり日本人は災害対策という面でも意識が高く、「細かさ」を発揮しているといえるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ