ビックカメラ、中国ショッピングサービス「フリギー購」出店=旅マエに商品を購入、旅ナカに受け取り—中国メディア

9月12日(木)18時20分 Record China

11日、中国アリババグループ傘下の旅行プラットフォーム「フリギー」が運営する、旅行前に実店舗で販売する商品を閲覧・購入できるサービス「フリギー購(ゴー)」に、日本の家電量販店ビックカメラが出店した。

写真を拡大

2019年9月11日、中国のITポータルサイトのDoNewsは、中国アリババグループ傘下の旅行プラットフォーム「フリギー(Fliggy/飛猪)」が運営する、旅行前に実店舗で販売する商品を閲覧・購入できるサービス「フリギー購(ゴー)(Fliggy Buy/飛猪購)」に、日本の家電量販店ビックカメラが出店したと報じた。

記事によると、中国からの旅行客は、旅マエにオンラインで商品を閲覧し、気に入った商品を決済サービス「アリペイ(Alipay/支付宝)」で予約購入すると、事前決済から3〜30日以内の旅ナカに、事前指定したビックカメラの店舗で商品を受け取ることができる。ホテルや空港にも配送してもらえるという。

フリギー購サービスは今年3月に提供開始。日本からは、家電量販店のラオックス、アパレルメーカーの三陽商会などが導入している。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ