トランプ大統領、戦略爆撃機の前で「対北軍事オプション」を強調=韓国ネット「他国のリーダーの方が頼もしくみえるのはなぜだ」

9月17日(日)15時50分 Record China

16日、米国のトランプ大統領が、15日早朝の北朝鮮のミサイル発射を受け、朝鮮半島有事の際に投入されるB2戦略爆撃機の前に立ち「審判の日」という表現まで使い、対北朝鮮への軍事オプションを強調した。資料写真

写真を拡大

2017年9月16日、米国のトランプ大統領が、15日早朝の北朝鮮のミサイル発射を受け、朝鮮半島有事の際に投入されるB2戦略爆撃機の前に立ち「審判の日」という表現まで使い、対北朝鮮への軍事オプションを強調した。韓国メディアのJTBCが伝えた。

トランプ大統領がアンドルーズ空軍基地を訪れ、F35など先端戦闘機を見て回った後、B2戦略爆撃機の前で、「F35がごう音を上げている姿を見れば、審判の日が来たことが分かるだろう」とし、「(北朝鮮は)周辺国と全世界を、とことん軽んじる姿を見せた」と警告した。

また「北朝鮮の脅威に対処する私たちのオプションは、効果的かつ圧倒的という点を確信している」とも述べた。

一方で、取材陣の「外交的オプションが全てなくなったのか」との問いに対しては、「そうではない」と答えた。

ホワイトハウスのマクマスター国家安全保障問題担当大統領補佐官も「私たちには、軍事オプションがある」と言いながら経済的・外交的制裁を強調した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは、「北朝鮮も吠える犬は噛まないことを知っている」「無駄口叩かず、中国に圧力を加えろ」「口先だけか、本当にやるのか」「こんな状況でも対話をするのか」など、トランプ大統領の発言に懐疑的な意見が寄せられた。

また、北朝鮮に800万ドル(約8億9000万円)の人道支援を検討している文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、「文在寅大統領、対北支援の目的は何だ?飢えに苦しむ北朝鮮住民のためか?もしそうなら、金正恩(キム・ジョンウン)体制を崩壊させ、北朝鮮住民を抑圧と弾圧、飢餓から解放し、自由にすることの方が先だ。対北支援は金正恩を利するだけだ」と、否定的な意見がみられた。

その他に、「大韓民国国民として、自国の大統領よりも、米国と日本のリーダーの方が頼もしくみえる理由は何だ?」「韓国の大統領がすべきことをトランプがして、北朝鮮リーダーがやるべきことを韓国大統領がしている」など、他国リーダーに言及した意見や、「北朝鮮滅亡の日が近づいている」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トランプをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ