グアム基地破壊「可能性10%以下」…米専門家

9月17日(日)15時44分 読売新聞

 【ワシントン=大木聖馬】米政策研究機関「憂慮する科学者同盟」のミサイル技術専門家デビッド・ライト氏は、北朝鮮が今回発射した弾道ミサイルが「グアムの米空軍基地を破壊できる可能性は10%以下」との見方を本紙に語った。

 今回発射された中距離弾道ミサイル「火星12」について、ライト氏は、発射直後にエンジンの燃焼で加速する「ブースト段階」での誘導・制御システムのエラーや大気圏への再突入時のエラーから、平壌ピョンヤンから約3400キロ・メートル離れたグアムを狙っても、5〜10キロ・メートルか、それ以上の誤差が生じる可能性があると指摘した。

 このため、爆心地が基地から大幅に外れ、TNT火薬換算で広島に投下された原爆の10倍に相当する150キロ・トンの爆発威力のある核爆弾を撃ち込んだとしても、基地を破壊できる可能性は10%以下になるという。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

グアムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ