「大惨事!」VWまさかの愚行に悲鳴を上げる独メディア

9月24日(木)18時3分 ニューズウィーク日本版

 自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題で、ドイツの自動車産業の信頼性は大きく揺らいでいる。1社の不祥事にとどまらず、ドイツの経済全体に影響が及ぶ事態に、メディアは一斉に警鐘を鳴らしている。

 VWは22日、「クリーンで燃費がよい」とディーゼルエンジン車をアメリカ市場に売り込むため、不正ソフトを使っていたことを認めた。検査時には浄化装置が作動して米環境保護局(EPA)の排出ガス基準をクリアでき、実際の走行中にはこの装置が無効化されて排ガスをまき散らし、その代わりエンジンはフルパワーで稼働する仕組みになっていた。

VW問題車による大気汚染は英産業に匹敵

 このソフトが搭載されたVW車の販売台数はざっと1100万台に達するとみられる。VWは信頼回復のためのサービスなどに必要な経費として、今年第3四半期に65億ユーロ(73億ドル)の引当金を計上することを併せて発表した。

 ドイツのジグマル・ガブリエル経済相は、このスキャンダルで「ドイツの自動車産業は優れているという評価」が揺らぎかねないと懸念を表明した。

 世界中に販売されたVWのディーゼルエンジン車は年間ほぼ100万トンもの大気汚染物質を放出している可能性がある。英紙ガーディアンの推定によると、この量はイギリスのすべての発電所、工場、農地、自動車から排出される汚染物質の総量にほぼ匹敵するという。

 VWの不祥事は「ドイツの自動車産業全体にとって破滅的な大惨事」だと、ドイツの経済紙ハンデルスブラットは嘆く。同紙は21日の論説で、高い品質と信頼性を誇っていたドイツの自動車メーカーが軒並み痛手を受けるおそれがあると警告を発した。

 2015年上半期の新車販売台数でトヨタを抜いて世界一になるとみられていたVW。成功の絶頂から奈落の底に突き落とされた転落劇は「考え得る最悪のシナリオ」だと、ARD(ドイツ公共放送連盟)は伝えた。

自動車産業史で最も高くついた愚行

 VWの株価は21日に18.6、22日に19.8%急落し、23日にも8%下落した。ドイツの大衆紙ウェルトはVWが被る莫大な損失に鑑みて、不正ソフト搭載を「自動車産業の歴史で最も高くついた愚行」と断じた。

 VWのマルティン・ウィンターコルン会長兼CEOは23日午後の監査役会に先立ち、「限りなく深くお詫びする」との声明を発表。退陣圧力に頑なに抵抗する構えを見せていたが、監査役会は23日ウィンターコルンの引責辞任を発表した。

 任期延長で18年まで総帥の座に居座るつもりだったウィンターコルンだが、南ドイツ新聞は22日の論説でトップ自らが責任を取らなければ、信頼回復は望めないと主張。ドイツの有力タブロイド紙ビルトに掲載された公開書簡で、VW労使協議会のベルント・オスターロー代表は、「われわれは万難を排して......この問題に迅速に対処し、人事面でも必要な措置を取る。処分の対象は平社員に限らない」と述べていた。


コナー・ギャフィー

ニューズウィーク日本版

「VW」をもっと詳しく

「VW」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ