最高裁判事候補カバノーを擁護した共和党を女性有権者は許さない

10月1日(月)18時0分 ニューズウィーク日本版

<性的暴行を告発した女性の証言と、性的暴行の容疑者である最高裁判事候補が議会証言を行った後、アメリカはますます熱く、分断している>

米共和党幹部の多くは、性的暴行疑惑が次々に浮上している米連邦最高裁判所判事候補ブレット・カバノーを擁護し、指名承認する構えを崩していない。こうした態度は、11月の中間選挙で有権者、特に女性有権者から猛反発を受けるだろう、とアナリストたちは警告する。

「ここまで感情的な問題になっているのに、共和党議員はほとんどが、カバノーの指名を承認すると公に繰り返してきた。もう後戻りはできない」と、米シラキュース大学マックスウェル行政大学院のグラント・リーハー教授(政治学)は米政治専門誌、ザ・ヒルに語った。

"We believe survivors!": Demonstrators protest against Supreme Court nominee Brett Kavanaugh in the Hart Senate Office Building, specifically calling on Sen. Susan Collins to oppose his confirmation. https://t.co/tAefrBgUys #KavanaughHearings pic.twitter.com/bgNw4f4v9B— ABC News (@ABC) 2018年9月27日

手の平に「私は(性的暴行の)生き残りを信じる」というスローガンを書いてカバノーの指名承認に抗議する女性たち


カバノーの性的暴行を受けたと告発したカリフォルニア州の大学教授、クリスティーン・ブレイジー・フォードとカバノー本人が上院司法委員会の公聴会で証言した9月27日の翌日、2人の証言がまったく食い違ったにも関わらず、委員会は性急に採決をとり指名を承認した。

だが、共和党委員の1人が立ち上がり、本会議での採決前にFBIが調査を行うべきだと要求。カバノーを最高裁判事に指名したドナルド・トランプ大統領も譲歩してFBIに捜査を命じ、共和党も、承認採決を1週間延期することで合意した。だがそれで有権者の怒りが収まるとは思えない、とリーハーは言う。

「女性たちは昨日の公聴会での出来事を忘れない。明日になっても、11月になっても忘れない」と、リベラル派の米市民団体「ムーブオン(MoveOn)」のシニアアドバイザー兼広報担当のカリーン・ジョン・ピエールは9月28日、「ザ・ヒル」に語った。

Large group of protesters headed to the Supreme Court to protest Brett Kavanaugh's nomination pic.twitter.com/F8CZRZqmR2— Elham Khatami (@ekhatami) 2018年9月24日

カバノーが最高裁判事になることに抗議し、最高裁に向かう女性たち


女性と若者の共和党離れ

28日の朝、カバノーの指名に反対するデモ参加者が上院議員会館の廊下に集まり、「11月はもうすぐだ!」などと叫んだ。フォードがカバノーにどのように襲われたか、公聴会で証言したにもかかわらず、共和党委員が多数派を占める上院司法委員会が指名承認に踏み切ったからだ。

「中間選挙に向け、民主党支持者の熱狂と意欲は、桁外れに高まっていくだろう」と、中立派の政治アナリストであるストゥ・ローテンブルグは米ニュースサイト「Mic」に語った。「特に熱いのは、浮動票を握る郊外の女性や、18〜29歳の若者の有権者。彼らは大統領のことが嫌いでも、以前なら選挙に行かなかった層だ」

米NBCニュースによれば、マイケル・スティール前共和党全国委員長は、「この問題をめぐって共和党は混乱状態に陥った」と語った。

「重要なのは、上院司法委員会や本会議での承認採決や、カバノーが最高裁判事に任命されるどうかだけではない。共和党議員がこの問題にいかに対処し、フォードをどのように扱ったかも、同じくらい重要だ」と、民主党候補の当選を支援する団体「プライオリティーズUSA」の責任者、ガイ・セシルはNBCニュースに語った。

今のところ、どの点をとってもいただけない。



フォードの証言を信じるか、カバノーを信じるか。アメリカの世論は二分されているが、僅差で前者に軍配が上がっている。調査会社ユーガブが9月27〜28日に実施した最新の世論調査によれば、フォードの証言を「信じる」「たぶん信じる」と回答したのは41%だったのに対し、カバノーは35%だった。逆に、フォードが公聴会で「嘘をついた」「たぶん嘘をついた」と回答したのは30%だったのに対し、カバノーは38%だった。

FBIはフォードが告発した性的暴行疑惑の捜査に着手。カバノーから性的暴行を受けたと告発した2人目の女性、デボラ・ラミレスにも接触した、と英紙ガーディアンは伝えた。フォードは虚偽を述べれば偽証罪に問われる公聴会で、1982年、当時17歳だったカバノーが、酒に酔って彼女を襲ったと証言した。ラミレスは、カバノーと共にイエール大学に在学していた1980年代、学生寮のパーティーで、酒に酔った彼が下半身を露出し、顔に押し付けてきた、と訴えている。

(翻訳:河原里香)


ジェイソン・レモン

ニューズウィーク日本版

「最高裁」をもっと詳しく

「最高裁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ