常に笑顔で礼儀正しい・・・石川佳純、中国メディアのインタビューに流暢な中国語で回答

10月2日(火)13時12分 サーチナ

日本女子卓球界の第一人者・石川佳純さんは、中国でも知られ、人気があるようだ。中国メディアが単独インタビューを掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 中国メディア・成都商業は9月29日、四川省成都市で行われた卓球女子ワールドカップのために現地を訪れた、日本女子卓球界の第一人者・石川佳純選手に単独インタビューを行ったと報じた。

 石川選手はこの大会に第2シードとして出場したが、惜しくもメダルを逃して4位に終わった。記事は、大会出場前に石川選手に対して行ったインタビューの中で、東京五輪に向けての意気込みやプレースタイル、私生活について聞いたと伝えた。

 取材時の印象について記事は、「石川は中国語が非常に上手で、基本的にすべての質問に答えてくれた。そして、インタビュー会場を後にする際には振り返って記者に『さようなら』とあいさつすることも忘れなかった。試合会場での石川と、場外での彼女は全く違う表情をしており、本人もそれを自覚しているようだ。インタビューの間、彼女は象徴的な笑顔を絶やさなかった」としている。

 インタビューの中で東京五輪について聞かれた石川選手は、「東京五輪は私たちのホームであり、日本国内では日本人選手に対する期待もさらに高まっている。自分にとっては、期待感のほうがプレッシャーよりも大きい」と語った。

 また、近ごろ目覚ましい発展を遂げている日本の卓球界について「スピードを重視している」と答える一方で、中国代表の弱点はどこにあるかとの質問には「今現在、中国の弱点を見つけられていない」としている。

 さらに、私生活については友人でもある倖田來未さんの歌を聞くのが好きであること、普段は睡眠や街歩き、映画鑑賞といった過ごし方を好み、特に最近は米国のミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」にハマってすでに5回も見たことを明かした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ