注目ワード移籍・完全 小林麻央・治療 成宮寛貴・引退 ビートたけし・出演 浜田雅功・欠席 2017冬ネイル・ツイード

BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

行方不明の少女、12年ぶりに元気な姿で発見! 父親の執念実る。(メキシコ)

Techinsight10月3日(金)10時40分
画像:当時4歳の少女、12年ぶりに外国で発見(画像はindependent.co.ukのスクリーンショット)
写真を拡大
当時4歳の少女、12年ぶりに外国で発見(画像はindependent.co.ukのスクリーンショット)

米テキサス州で12年前、父親と暮らしていた4歳の少女が実母に連れ去られ、行方不明になるという事件が起きた。諦めきれずに再会できる日を祈り続けた父親に、ついに女神は微笑んだ。遠く離れたメキシコで少女が発見されたのだ。

米テキサス州ヒューストンで2002年4月、父親のグレッグ・アレンさんと暮らしていた中で、突然姿を消してしまったサブリナ・アレンちゃん。離婚により、産みの母親ながら親権を失ったダラ・ローレンスがサブリナちゃんを連れ去ったことは明白であったが、家庭内騒動といった印象も強く、警察の捜索活動が実を結ぶことはなかった。あれから12年。先月28日にメキシコでサブリナちゃんが無事発見され、大きな話題となっている。

その行方不明事件はやがて風化していったが、どうしてもあきらめ切れなかったグレッグさんは2人が国境を越えてメキシコに暮らしている可能性があると考え、「Klein Investigations & Consulting」という私立探偵事務所に調査を依頼。するとメキシコ警察がトラスカラ州の小さなアパートで暮らしているダラとサブリナちゃんを発見し、FBIも捜査に協力。ダラはサブリナちゃんの誘拐容疑で逮捕され、身柄はテキサス州トラヴィス郡の刑務所に送られた。ダラはサブリナちゃんを学校に通わせていなかったばかりか、グレッグさんについて「妻に暴力をふるう小児性愛者」と教え込んでいたため、カウンセリングが必要な状態であったという。

行方不明となった時、たった4歳であったサブリナちゃん。17歳に成長した姿で父の待つヒューストンに戻っていったが、再会はまだ果たしていない。同州のメディア『KVUE News』とのインタビューでグレッグさんは、「12年の月日はあまりにも長く、不安な私は“抱きしめてもいいかい?”と尋ねてから娘をハグするでしょうね。少しでも昔のことを覚えていてくれると嬉しいのですが…。子供の頃のように私に甘え、身も心もリラックスし、早くこの家での生活に馴染んでほしいです」などと語った。

※ 画像はindependent.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Techinsight
この記事のトピックス

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

BIGLOBE恋愛&結婚

「行方不明の少女、12年ぶりに元気な姿で発見! 父親の執念実る。(メキシコ)」の関連ニュース

注目ニュース
トランプ氏表紙に「悪魔の角」?…米で“騒動” 読売新聞12月11日(日)2時50分
【ニューヨーク=吉池亮】米誌タイムが「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に選出したドナルド・トランプ次期大統領の表紙写真を巡って米メディアで“騒動”となっている。[ 記事全文 ]
そうだったのか!地震が頻発する日本で死傷者の数が少ない理由=中国 サーチナ12月11日(日)8時13分
中国の新疆ウイグル自治区で8日、マグニチュード(M)6.1の地震が発生した。新疆では11月末にもM6.5の地震が発生しており、相次いで発生…[ 記事全文 ]
中国国産空母の船体完成 来年進水も、海洋進出加速 共同通信 47NEWS12月10日(土)17時10分
【北京共同】中国が遼寧省大連で建造している初の国産空母の船体と艦橋(ブリッジ)がほぼ完成し、船体の作業用足場も大半が取り外されていることが…[ 記事全文 ]
新たな「日英同盟」?英戦闘機が日本との共同訓練の帰途、南シナ海上空飛行=中国は不快感表明 Record China12月11日(日)7時20分
2016年12月10日、中国を念頭に新たな「日英同盟」?駐米英国大使がこのほど、航空自衛隊との初の共同訓練のため日本に派遣した英空軍の戦闘…[ 記事全文 ]
上海ディズニーに偽ミニーマウス出現!一緒に写真を撮り撮影料を要求—香港紙 Record China12月10日(土)13時50分
2016年12月9日、香港経済日報によると、中国の上海ディズニーランドの園内にこのほど、偽物とみられるミニーマウスの着ぐるみが出現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 中国国産空母の船体完成 来年進水も、海洋進出加速共同通信 47NEWS12月10日(土)17時10分
2 上海ディズニーに偽ミニーマウス出現!一緒に写真を撮り撮影料を要求—香港紙Record China12月10日(土)13時50分
3 中国への“口撃”強めるトランプ米次期大統領、通貨・関税に南シナ海もやり玉に、中国は静観の構えRecord China12月10日(土)19時40分
4 ロシア、トランプ氏勝利狙い干渉 サイバー攻撃で、CIA分析共同通信 47NEWS12月10日(土)7時49分
5 朴槿恵大統領弾劾案が可決、世界中のメディアが報じる=韓国ネット「まさに国の恥をさらした」「国恥はもうたくさん」Record China12月10日(土)11時40分
6 ソロモン諸島沖で地震相次ぐ、津波警戒呼びかけ読売新聞12月10日(土)12時42分
7 温泉の女湯「生中継」被害が相次ぐ、スマホ持ち込み禁じるケースも—中国Record China12月9日(金)0時30分
8 日本国産ステルス実証機は黒煙を吐いて飛ぶ!?「ディーゼル機だからだ」「俺たちの殲−31も黒煙を出していた」—中国ネットRecord China12月9日(金)15時50分
9 日米、ロボット兵器規制に慎重 国連で来年議論共同通信 47NEWS12月10日(土)16時53分
10 New トランプ氏表紙に「悪魔の角」?…米で“騒動”読売新聞12月11日(日)2時50分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア