スマホゲームのし過ぎで片目を失明した女性(中国)

10月8日(日)21時30分 Techinsight

スマホでゲームをし過ぎた女性、右目を失明(画像は『South China Morning Post 2017年10月6日付「Chinese woman loses sight in one eye after marathon session playing Honour of Kings on her mobile phone」』のスクリーンショット)

写真を拡大

中国で大人気のゲームにハマりほぼノンストップでプレイしていた広東省に住む女性が、このほど右目を失明した。医師によると眼精疲労が原因だという。中国メディア『东莞阳光网』が報じたことで『South China Morning Post』『Oddity Central』などでも伝えられた。

広東省東莞市に両親と暮らす21歳の女性(名前は公表されていない)は、世界最大の売上高を誇る中国のゲーム会社「テンセント」が販売するゲーム「Honour of King(もしくはKing of Glory)」に夢中になり、ほぼノンストップでスマホを見つめ続けゲームをしていた。

市内の金融企業に勤務しているという女性は仕事中もパソコン画面と向き合っているが、仕事が終わってもスマホでゲームをするという繰り返しだった。「週末は朝6時に起きて朝食のあと夕方4時まで休みなくゲームをしていました。その後何か食べて仮眠して、また午前1時までゲームをしたりという生活をしていました。時々、ゲームに夢中になり過ぎて食事を忘れることもあったほどです。ソファから起き上がらずに7〜8時間ノンストップでゲームをしたこともありました。両親の『失明するかも知れないよ』との忠告を聞き入れていれば良かったと今は後悔しています」と話す女性は、10月1日も一日中ゲームに耽っており、その日の夜にゲームの途中で右目が全く見えていないことに気付いた。

翌朝になっても見えないままだった女性は両親に連れられて複数の病院へ診察に行ったが、原因は判明できなかった。しかし4日に訪れた南長区の病院で、女性は「網膜動脈閉塞症」と診断された。

医師によると、この症状は高齢者によく起こるもので若い年齢では珍しいが、女性の場合は過度のゲームによる眼精疲労が原因ではないかということだ。女性は入院しており、医師らがなんとかして右目に光を取り戻そうと試みているようだが、今のところ変化の兆しはないという。

中国全土だけでも実に2億人という「King of Glory」のゲーム登録者を持つ「テンセント」は、今月7月にも「12歳未満は夜9時までの1日1時間まで、12歳〜18歳は1日2時間まで」とゲームをすることへの制限を促していた。

眼科医はこれを受けて「オンラインゲームをする時は30分ごとに休憩して、目の筋肉とストレス緩和のためにも遠くを見るようにしたりして目を休ませてください」と改めて呼び掛けている。

なお昨年3月には、南京市に住む20歳の女性が韓流ドラマを連続して見続けたことが原因で、緑内障を発症し失明寸前になっていたというニュースが伝えられた。

画像は『South China Morning Post 2017年10月6日付「Chinese woman loses sight in one eye after marathon session playing Honour of Kings on her mobile phone」』のスクリーンショット

Techinsight

「失明」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「失明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ