「騙される」ことがない日本、だから中国人は安心して買い物できる=中国メディア

10月9日(水)16時12分 サーチナ

中国メディアは、日本で買い物を楽しむ中国人旅行客は「ほとんど騙されない」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 日本と中国の間には容易には解決できない歴史問題があるものの、近年は日中関係は小康状態となっていて、日本は中国人の間で人気の渡航先となっている。

 中国人旅行客にとって、日本での買い物は旅行の醍醐味の1つとなっているが、初めて日本を訪れる中国人のなかには「正規の値段より高く売りつけられるのではないか」、「偽物をつかまされるのではないか」などと「騙される」ことを心配する人は少なくない。しかし、中国メディアの快資訊は6日、日本で買い物を楽しむ中国人旅行客は「ほとんど騙されない」と紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、消費意欲が旺盛な中国人旅行客は渡航先の経済に大きな影響を及ぼすため、多くの国が中国人観光客の取り込みに躍起になっていると紹介。中国では偽札をつかまされたり、高額のものを売りつけられたりと油断していると騙されてしまう環境にあるため、中国人は海外旅行をする際にも渡航先で騙されないよう警戒している。

 しかし、ほとんどの中国人旅行客は渡航先の物価や商品の価値に精通しているわけではなく、言葉が通じない海外では騙されてしまうケースは少なくないようだ。一方で記事は、日本旅行で騙される中国人は非常に少ないと伝え、日本ではもともと商業環境が整備されていて、偽物や海賊品はほとんど流通していないと紹介。また、日本は中国人観光客の誘致のため、「サービス」や「優待」を設けて好感を抱いてもらえるようにしており、中国人は安心して買い物ができると強調した。

 観光立国を目指している日本へは毎年多くの観光客が訪れているが、中国人観光客の占める割合は高く、大きな経済効果をもたらしている。日本を訪れる中国人旅行客が年々増加しているのは、日本は買い物はもちろん、何をするにしても「騙されることなく、安心できる」という環境も大きな理由の1つなのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ