中国はグローバル競争力28位、得点が安定上昇—世界経済フォーラム

10月11日(金)5時20分 Record China

世界経済フォーラムが9日に発表した2019年度「グローバル競争力報告」によると、グローバル競争力総合ランキングで中国は28位になり、昨年と順位は変わらなかったが、総合得点が安定さの中で上昇した。写真は上海の「深坑ホテル」。

写真を拡大

世界経済フォーラムが9日に発表した2019年度「グローバル競争力報告」によると、グローバル競争力総合ランキングで中国は28位になり、昨年と順位は変わらなかったが、総合得点が安定さの中で上昇した。新華社が伝えた。

この最新報告では、最も理想的な状態を100点として評価対象のエコノミーの得点を計算し、今回対象になった141エコノミーのうち、最高得点は84.8点、最低得点は35.1点、全エコノミーの平均は60.7点で、中国は今回は73.9点で前回の72.6点より1.3点上昇した。

同報告によると、中国は市場規模、マクロ経済の安定性、イノベーション能力、情報技術の応用などの指標で上位の得点をたたき出し、インフラなどの指標でも突出した高得点を挙げた。

同報告は、「中国の一連の分野での成果は発達したエコノミーで構成された経済協力開発機構(OECD)のメンバーに引けを取らない。たとえば情報技術(IT)の応用の成果ではOECDメンバーの25カ国を上回り、想定寿命の平均では米国を上回るとともに、OECDメンバーの平均に迫っている」と伝えた。

同総合ランキングのトップはシンガポールで、米国は前回の1位から今回は2位に順位を下げた。同報告によると、「米国のビジネス界には、不確実なムードが広がり、貿易の開放レベルが目に見えて低下し、米国のグローバル競争力総合得点も影響を受けた」という。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ