北朝鮮、中国代表の訪朝拒絶=米紙コラムニストに明かす

10月13日(金)20時44分 時事通信

 米ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニスト、ニコラス・クリストフ氏は同紙電子版の12日のコラムで、中国外務省で北朝鮮問題を担当する孔鉉佑次官補(朝鮮半島問題特別代表)が訪朝を打診したが、拒絶されていたと明らかにした。クリストフ氏が先日訪朝した際に北朝鮮当局者が語った。
 クリストフ氏によると、北朝鮮当局者は「われわれは孔氏が何を言うか知っている。だから来る必要はない」とさげすむように述べたという。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

北朝鮮をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ