まるでUFO!中国軍の新型ヘリに、欧米メディア驚き—中国メディア

10月13日(日)13時20分 Record China

11日、海外網は、中国で新たに発表されたヘリコプターに欧米メディアが驚きを示したと報じた。資料写真。

写真を拡大

2019年10月11日、海外網は、中国で新たに発表されたヘリコプターに欧米メディアが驚きを示したと報じた。

記事は、10日に天津市で開幕した国際ヘリコプター博覧会で「スーパーホワイトシャーク」という名前の武装ヘリコプターが展示され、その独特な「見た目」に外国メディアが注目したと紹介。このヘリコプターはデジタル化した未来の戦場向けに設計された、翼身融合型の高速ヘリコプターだと伝えている。

そして、英紙デイリー・スターが11日に「独特な外観デザインで広く注目されている。宇宙のSF映画の啓発を受けたようだ」と評するとともに、もし飛行に成功すれば人類の有史以来初めてとなる翼身融合の飛行機になると報じたことを紹介した。

また、ロシアメディアRTも「中国のヘリコプター設計師が、第2次世界大戦以来西側のヘリ業界が直面してきた難題の1つを解決することになる」と伝えたとしている。

さらに、「このタイプは早い時期から技術的な障害に直面し、実際の戦闘での応用が難しかった。しかし、同機の登場によって先進的な飛行機の設計分野において中国がより幅広い発展を遂げつつあることが示された」とする米軍事サイトThe Driveの報道を紹介したほか、外国のネットユーザーが冗談交じりに「UFOみたいなだけでなく、掃除機ロボットのようにも見える」との感想を残していると伝えた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ