今は日本にノーベル賞で負けても悔しくない!「未来は中国の手にある」=中国報道

10月13日(金)12時12分 サーチナ

2017年のノーベル文学賞に、長崎県出身で日系英国人のカズオ・イシグロが選ばれ、日本は歓喜に沸き立った。日本人がノーベル賞を取るたびに、中国ではなぜ中国人は受賞できないのかという話題で持ちきりになるが、中国メディアの捜狐網は8日、日本のノーベル賞の数に圧倒されても「卑下する必要はない」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 2017年のノーベル文学賞に、長崎県出身で日系英国人のカズオ・イシグロが選ばれ、日本は歓喜に沸き立った。日本人がノーベル賞を取るたびに、中国ではなぜ中国人は受賞できないのかという話題で持ちきりになるが、中国メディアの捜狐網は8日、日本のノーベル賞の数に圧倒されても「卑下する必要はない」とする記事を掲載した。

 その最も大きな理由は「時間」だという。科学技術の研究成果は、その長期的な価値がはっきりするまで20年以上の時間がかかり、中国に先駆けて研究に力を入れた日本が優勢なのは当然だと主張。中国に必要なのは時間であり、日本も過去には今の中国と同じ立場だったとした。

 また「経済面」でも日本は優位だという。日本でノーベル賞の受賞者が増え始めたのは2000年頃だったが、これは80年代、90年代に始めた研究の結果が芽を出したのであり、当時経済的にゆとりのあった日本では研究資金が豊富だったため、いうなれば「豊かだった時期に金で買ったようなもの」とした。

 さらに、現在ノーベル賞受賞者数は日本と米国の「一騎打ち」であるが、中国には負けていない「数」があるという。日本が労働者における研究者の割合で抜きんでているのに対し、総人数では中国の方が多いと指摘。人口が多い中国では、研究所、研究者、高等教育の教育者と生徒の数はいずれも世界一で、GDPでも日本に勝っていると主張した。研究費として充てられている金額も非常に多く、4割は浪費されたとの報告があるが、残りの6割はきちんと使用されていたことは「未来は中国の手に」あると言ってよいと、独自の論議で胸を張った。

 最後に、「忘れがち」なこととして、「日本よりも進んでいる分野」は中国には多くあると指摘。高速鉄道、通信設備、スマートフォン、スーパーコンピューター、衛星測位システムなど多くの分野を挙げ、「20年後には我々の手にはノーベル賞があふれている」はずであり、日本と比べて落ち込む必要はない、と同胞を勇気づけて締めくくった。

 分野によっては中国が急速に発展しているのは間違いないが、20年後にノーベル賞を次々と獲得するようになるかは別問題だろう。それにしても、今回の日系人のノーベル賞受賞は日本にとって喜ばしいニュースとして素直に喜びたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ