ますます高まる中国人観光客の地位・・・安倍首相も笑顔で歓迎している=中国メディア 

10月13日(金)10時12分 サーチナ

中国メディア・今日頭条は11日、日本において中国人観光客の地位がますます高まっており、安倍晋三首相すらにこやかな笑顔で歓迎しているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)palinchak/123RF)

写真を拡大

 中国メディア・今日頭条は11日、日本において中国人観光客の地位がますます高まっており、安倍晋三首相すらにこやかな笑顔で歓迎しているとする記事を掲載した。

 記事は「ゴールデンウイークが終わりを告げた。今この何日間かの状況を振り返ってみよう。今年の国慶節は多くの近隣国から注目を浴びた。はっきり言ってしまえば、彼らが重視しているのは中国人観光客の財布に入っているお金なのだが」とつづった。

 そして「今回の各国による競争の中で、もっとも気合が入っていたのは日本と韓国だ。中国人観光客の心をつかむべく、たくさんの中国語の横断幕が掲げられたり、月餅を配るなど中秋節にリンクしたイベントが催されたりして、中国人観光客に対する歓迎ぶりをアピールしていた」と伝えている。

 さらに「もう1つ提起すべき点がある。日本の安倍晋三首相も、国慶節前に自ら中国大使館のレセプションに出席したのだ。これも中国に対する歓待ぶりを示す行為と言えるだろう。日本人の中国人へのこういった態度を見て、中国人観光客の多くは心のなかで爽快感を覚えたことだろう」と紹介した。

 一方、韓国ついては「中国人観光客の心をつかもうとたくさんの努力をしたが、その結果は実に思わしくなかった。韓国を訪れた中国人観光客はここ数年で最低レベルだろう」と指摘。「高高度防衛ミサイル(THAAD)事件に対する中国人観光客の気骨を感じずにはいられない。この気骨が続くことを願いたい」としている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)palinchak/123RF)

サーチナ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

安倍首相をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ