日本の人口密度は中国の2.5倍!なのになぜ一戸建てに住めるのか?—中国メディア

10月14日(土)6時30分 Record China

12日、中国メディアの重慶時報が、中国より人口密度の高い日本で一戸建てが多い理由について分析する記事を掲載した。

写真を拡大

2017年10月12日、中国メディアの重慶時報が、中国より人口密度の高い日本で一戸建てが多い理由について分析する記事を掲載した。

記事は、日本は島国で国土面積が約37万8000平方キロメートルだが、人口は1億3000万人近くもいると指摘。2016年の人口密度は、日本が1平方キロメートル当たり348.3人なのに対し、中国は146人で、日本は中国の約2.5倍の人口密度だと伝えた。

しかし、日本では高層住宅が少なく、むしろ一戸建てに住む人が非常に多いと紹介。国際都市の東京でも高層ビルやマンションでは中国の地方都市にすら及ばないとした。

では、なぜ日本では一戸建てに住む人が多いのか?記事は「土地の私有制」と大きな関係があると分析。土地は個人の財産として法的に所有者の権益が守られており、土地購入者は自分の好む家を建てられるからだとした。

また、地震が頻発することも高層建築が少ないことの理由だと指摘。高層になるほど、耐震要件が厳しくなるためコストが上がるので、高層建築物は多くないと説明した。

もちろん、大都市の中心部に土地を購入することは現実的ではないが、交通が発達している日本では、郊外に家を買って1時間ほどかけて通勤することは普通のことだと紹介。都市部と農村部の差が大きくないことも関係しているという。

記事は、中国の都市部のような高層マンションが乱立するような環境よりも、日本の居住環境の方がずっと快適で、草花を植えて生活を楽しむことができると結んでいる。(翻訳・編集/山中)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ