韓国、帝王切開で誕生の子の頭に刺し傷、病院が5時間放置か=韓国ネットから批判殺到

10月19日(木)14時50分 Record China

18日、韓国の病院で帝王切開の手術中に新生児の頭がメスで傷つけられる事故が発生、その後の病院側の対応が明らかになり波紋を呼んでいる。資料写真。

写真を拡大

2017年10月18日、韓国の病院で帝王切開の手術中に新生児の頭がメスで傷つけられる事故が発生、その後の病院側の対応が明らかになり波紋を呼んでいる。韓国・ファイナンシャルニュースが伝えた。

今年7月1日午後2時21分、チェさんはソウル近郊にある総合病院の産婦人科で帝王切開手術により男の子を出産した。手術は産婦人科専門医のA教授が執刀した。

チェさんらの主張によると、A教授は子を取り上げるとチェさんとその夫に手渡し「健康だ。おめでとう」と伝えたが、その後夫を呼んで「かすった」と伝えてきた。当初、夫はその言葉の意味が分からなかったが、間もなく衝撃の事実を知ることになる。午後6時、「新生児室の子に縫合手術が必要だ」と当直医が駆け込んできたのだ。

夫が新生児室に駆けつけ子どもの様子を確認すると、なんと、小さな頭の左側に2センチほどの刺し傷があり、血がたまって少しずつ流れていた。帝王切開の際にメスが子どもの頭を「かすった」のだ。しかし詳しい経緯が知らされぬまま午後7時22分、子どもは1時間にわたる頭皮の縫合手術を受けた。そして手術から2時間後には2度にわたって無呼吸の症状が見られたため、新生児集中治療室に移された。チェさんの夫は「突然の手術のせいではないか、傷はどの程度なのか」など尋ねたというが、病院は「未熟児によく発生する症状だ」と繰り返すだけだったという。

チェさんらの数回にわたる抗議を受け、A教授は翌日になって、手術の過程で発生した事故を謝罪し、責任を負うという態度を見せたという。一方、病院側は「手続きに従って対応しており、医療事故かどうかはまだ決まっていない」と説明、病院関係者は「A教授は保護者に事故の事実を正確に知らせたが、出産直後は頭の出血までは確認できなかった。その後新生児室で確認し、縫合手術までしっかり行われたことが確認された」としているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「病院なのに子どもの傷に気付かなかったの?」「恐ろしい。赤ちゃんの頭を傷つけておいて『かすった』なんて、それでも医者?」「これが医療事故でないなら何なの?」など病院に対する批判の声が多数上がっている。

また、「うちの子も頬にメスの跡がある。医者はミスを認めたけど、補償の話はなく薬を塗ってくれただけ。大統領府に苦情を申し立てて形成手術することで決着がついたけど、子どもにとってもストレスだ」など医療ミス・事故エピソードも複数寄せられた。(翻訳・編集/松村)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

韓国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ