感動?それとも不快?日本で話題の「魔法のチケット」動画、中国人の反応は…

10月22日(土)8時40分 Record China

20日、中国の動画サイトや日本情報サイトに日本のある動画が掲載され、注目を集めている。

写真を拡大

2016年10月20日、中国の動画サイトや日本情報サイトに日本のある動画が掲載され、注目を集めている。

それは、発売10周年を迎える全日空(ANA)のダイナミックパッケージ「旅作」のPR動画。登場するのは何組かの子どもたちで、それぞれ旅行に行きたい場所の絵を描く。「北海道でスキーがしたい」「両親に温泉で疲れを落としてほしい」と希望を話す子どもたちに、世界中どこでも好きな場所に行ける「魔法のチケット」が渡されるのだが、チケットは家族の人数より1枚少ない。つまり、家族の誰かは行くことができない。

この様子を別室で見守っている両親は、子どもたちが誰と一緒に旅行に行くと言うのか、あれこれ予想している。「お母さんはきっと行きたいし、お父さんはずっと行きたいって言ってる」「決められないよー」と頭を抱えて悩んだ末に子どもたちが出した結論は、「チケットはいらない」だった。子どもたちは、「自分のお小遣いとかで買って行きます」「返します。家族みんなで旅行に行きたい」「みんなで行かないと楽しくないんだもん」「誰かが置いていかれるならやめる」などと言い、誰もチケットを受け取らなかったという。

この動画を見たネットユーザーからは、「感動した!うるっと来ちゃったよ」「愛のある子どもたちだね」といった声や、「私なら両親に行かせて自分は残るな」「1人分は自腹でっていうのはダメなの?」という意見も少なくなかった。

実は、日本でも「両親にだけ行かせるというのも、1人分を自腹で払っていくというのも正解」「チケットを諦めるように誘導したのでは?」「子どもを試すのは不快」といった指摘も出ている。ただ、家族と一緒にという子どもの反応に、目頭を熱くした人が多かったようだ。中国は日本以上に家族のつながりを大事にすると言われる。中国の子どもたちが同じ状況に置かれたら、どのような答えを出すだろうか。(翻訳・編集/北田)

Record China

「中国人」をもっと詳しく

「中国人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ