世界インターネット先進技術成果15件が発表—中国

10月22日(火)5時30分 Record China

国家インターネット情報弁公室、浙江省人民政府が主催する第6回世界インターネット大会「世界インターネット先進技術成果発表イベント」が20日午後、浙江省桐郷市烏鎮インターネット国際エキシビジョンセンターで開催された。

写真を拡大

国家インターネット情報弁公室、浙江省人民政府が主催する第6回世界インターネット大会「世界インターネット先進技術成果発表イベント」が20日午後、浙江省桐郷市烏鎮インターネット国際エキシビジョンセンターで開催された。インターネット大会が世界に向け、世界インターネット先進技術成果の発表イベントを開催するのは今年で4回目。人民日報が伝えた。

同イベントで発表された代表的な先進技術成果15件は次の通り。

鯤鵬920プロセッサ、人工知能(AI)向けの異種融合「天機」チップ、統一自然言語プレ訓練モデル・機械による読解、360全能の目—0day脆弱性レーダーシステム、テスラ完全自動運転チップ、飛槳ディープラーニングプラットフォーム、保存計算分離・分散型共有メモリ構造に基づくクラウド原生データバンク「POLARDB」、思元270チップ、科学技術の手段により現代スマートシティ総合ガバナンスを支援する実践「科技向善」、AIアルゴリズムプラットフォーム「Brain++」、硅立方浸液冷却コンピュータ、IPv6特大規模配置実践・技術革新、スマート企業のAI革新・ディープな応用、自適応計算加速プラットフォーム「Versal」、民生用飛行機製造5G革新モデル応用。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「インターネット」をもっと詳しく

「インターネット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ